2014年02月27日14時00分

FUJIFILM X-T1:最高峰のEVFを搭載するミラーレス|デジギア一点突破

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

FUJIFILM X-T1ズームレンズキット
富士フイルム(関連サイト
実売価格 17万円前後

FUJIFILM X-T1
FUJIFILM X-T1 FUJIFILM X-T1
FUJIFILM X-T1

 クラシカルなデザインとアナログな操作感が人気の『X』シリーズのハイエンドモデル。ボディー中央に電子ファインダー(EVF)を搭載した一眼レフスタイルで、そのEVFを覗くとこれまでにない像の大きさに驚く。倍率0.77倍は一眼レフを含めて現行機では最大で、画面細部まで確認しやすく、被写体との距離も縮まったように感じられ撮影意欲をかき立てられる。解像度も236万ドットと高精細で、EVFにありがちなタイムラグもほとんど気にならない。現状のEVFでは最高峰の視認性といえる。被写体をしっかり見つめられる大きなファンダーや確実に操作できるダイヤル類など、モノとしてのつくりは秀逸。UHS-Ⅱの高速SDカード対応のほかに、シリーズ初の防滴防じん機能や、スマホでのリモート撮影も新採用しているので、カメラ好き向けだけにとどまらない幅広い魅力を持った一台だ。

多彩なマニュアルフォーカスと銀塩時代のピント合わせも再現

デジタルスプリットイメージ ピーキング
FUJIFILM X-T1
ピーキング
FUJIFILM X-T1

 銀塩時代に一眼レフで一般的だった、上下に分断した像をそろえることでピントを合わせる機能を再現した“デジタルスプリットイメージ”がユニーク。ピント合わせでもアナログな操作感が楽しめる。

絞りでの画質低下を防ぐ“点像復元技術”を搭載

 

FUJIFILM X-T1

 レンズの絞り値が大きくなると解像感が低下する現象を防ぐ技術を搭載。同シリーズの『X-Pro1』が、F8以上の大きな絞りでは細部がぼやけてしまうのに対し、『X-T1』は解像感が保持されている。

●主なスペック
撮像素子 APS-Cサイズ X-Trans CMOS Ⅱセンサー
有効画素数 1630万画素
液晶ディスプレー 3インチ(約104万ドット)
電子ビューファインダー 0.5インチ有機EL(約236万ドット、ファインダー倍率0.77倍)
記録メディア SDXCメモリーカード(UHS-Ⅱ対応)
通信機能 IEEE802.11b/g/n
サイズ/重量 129(W)×46.7(D)×89.8(H)mm/約440g(撮影時)
付属レンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
焦点距離 27-84mm相当(35mm換算)

週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
週刊アスキー
Kindle版はこちらの表紙をクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!
Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking