2014年01月22日22時00分

Xperia Z Ultraは表も裏もガラスフィルムを貼ってほしい au・WiFi版とも

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 とうとう日本発売となりますXperia Z Ultraですが、地獄副変ACCNが「どーしても両面にガラスフィルムを貼ってほしい」と大騒ぎしております。その理由は3つ。

 ひとつ目は、Xperiaシリーズは液晶のガラスの上(通常のスマホだと下)に飛散防止フィルムが貼られているので、何も貼らない状態だとガラスの感触を味わえないということ。ちなみに飛散防止フィルムを剥がすとSONYロゴも取れちゃいます。

 2つめは、auの発表会場から「展示機の背面が結構傷だらけ猫灰だらけ」などとつぶやいたところ、凄まじいほどRTされてたので、みんな心配なんだなーと思ったこと。

キズだらけの背中(発表会の展示機)
Xperia_Z_Ultra_High_Grade_Glass_Screen_Protector
↑誰かにやられたか……。もちろん大事にケースに入れたらこんなんなりませんでしょうケド。でも、せっかくの超薄(6.8ミリ)ファブレット。ぜひ裸で使ってほしいし、そうしたいと思うと思いますよ実機見たらええホントに。

 3つ目……は、まぁいいや。というわけで、au・WiFi版両方に対応したガラスフィルムをご案内させていただきます。

High Grade Glass Screen Protector
Xperia_Z_Ultra_High_Grade_Glass_Screen_Protector
↑ディーフの製品。旭硝子社製の良質なガラスを使用しています。厚みは0.33ミリでシリコン・コート込みで0.55ミリ。硬度9H、ラウンドエッジと現行ガラスフィルムの最高スペックと言える仕様。
Wi-Fi版Xperia Z Ultraにも完全対応
Xperia_Z_Ultra_High_Grade_Glass_Screen_Protector
↑au版(SOL24)と、ソニーの無線LANオンリーモデル(SGP412JP)の双方に正式に対応しております。なお、アスキーストアでは背面用もご用意(限定品のため簡易パッケージとなります)。
液晶用と背面用(別売)
Xperia_Z_Ultra_High_Grade_Glass_Screen_Protector
↑青いのは最後に剥がすガラス保護用フィルム(裏用はなぜか透明)。背面用ガラスフィルムはauやソニーの公式ストアでは取り扱いございませんので、「ぜひセットでアスキーストアでお求めいただけるとうれしい」とアックン・オッペンハイマーは述べています(記事最下にリンク)。

 失敗しない貼り方のコツは、以前書きましたiPad Air用ガラスフィルムの記事をぜひご参考ください(関連記事)。ポイントは「ホコリの混入に気をつけ、位置を合わせて貼る」です。こちらの商品もとにかくエアーの抜けがいいので、位置さえ合っていれば大丈夫です。

驚くほどよいエアー抜け

Xperia_Z_Ultra_High_Grade_Glass_Screen_Protector Xperia_Z_Ultra_High_Grade_Glass_Screen_Protector Xperia_Z_Ultra_High_Grade_Glass_Screen_Protector

 混入してしまった空気は、指の腹で追いやるようにエッジの方向へサッとやりましょう。完全に吸着するまでひと晩ほどかかりますが、見た目的にはスグ馴染みます。

サラッサラやねんな
Xperia_Z_Ultra_High_Grade_Glass_Screen_Protector
↑表面コーティングにより指やお顔のアブラが付きにくく、水もはじきます。せっかくの防水端末ですからね! ガラスのこの感触を味わってしまったがためにフツーの保護フィルムには戻れなくなった人が、あてくしの周りにゴロゴロいらっしゃいましてよ。
背面用もぬかりなく
Xperia_Z_Ultra_High_Grade_Glass_Screen_Protector
↑抜きはカメラ周りのみですが、赤外線(SOL24)に影響ナシ。もちろんラウンドエッジ加工されてますので、両方貼ってもマイルドな握り心地。
表面ほどサラサラではない
Xperia_Z_Ultra_High_Grade_Glass_Screen_Protector
↑同種のコーティングを施していますが、滑り具合は表面よりあえて抑えてあります。これは落下などの危険性を考慮した結果。実際、両面貼ってもホールド感に影響ナシでございます。
表裏両方貼ってカンペキに!
Xperia_Z_Ultra_High_Grade_Glass_Screen_Protector
↑2枚貼ると厚み1ミリ以上増すことになりますが、本体サイズが大きいためかZやZ1 fのときほど目立ちません。なんてったってケースに入れるより断然スリムですからね!
スリムさそのまま
Xperia_Z_Ultra_High_Grade_Glass_Screen_Protector
↑パッと見では貼ってあることすらわからないでしょう。
クレードルには……
Xperia_Z_Ultra_High_Grade_Glass_Screen_Protector
↑一番狭いスペーサーだと、表裏いずれか一方でもガラスを貼ると入らなくなります。スペーサーを交換すれば大丈夫でした(若干グラグラですが)。
超美麗画面をクリアーなまま
Xperia_Z_Ultra_High_Grade_Glass_Screen_Protector
↑透過度93%で、まったく貼ってないかのよう。先にも触れましたがXperiaの場合、本体のガラスの上に飛散防止フィルムが貼ってあるため、ガラスの感触を味わうためにはガラスを貼る以外に手段ございません。

 いじょ。お気付きの通り3つ目の理由はウチ(アスキーストア)で売ってるからに違いありませんが、「宣伝乙」とか書き込んでる場合ではございません、とくに裏面用は表ほど数をご用意できておりませんでして……かたじけない。au版を考え中の方、WiFi版をおポチり遊ばせた方、すでに海外版を持っているぜという方、くんこくのお方も、どうぞお急ぎくださいまし。

↓アスキーストアで価格をチェック!↓

アスキーストアで購入する

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking