2014年01月08日22時00分

近距離通信機能でゲーム? ライフログリストバンド『Razer Nabu』:CES2014

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ウェアラブルガジェットが目立つCES2014。手首につけて運動量や健康状態のログをとるリストバンドも多数あるが、ゲーミングデバイスメーカーのRazerがつくるとこうなる、という製品が『Razer Nabu』だ。

『Razer Nabu』
●Razer

Razer CES2014

 2つの小型ディスプレーと防水仕様、加速度計や高度計、バイブレーションなど、スペックはよく見るタイプだが、Razer独自の無線規格でほかの人が付けたRazer Nabuと相互に通信するという機能を持っているのが特徴だ。

Razer CES2014

 Razerではこの機能を利用して、大規模でのオフラインゲームなどを想定しているようだ。日本なら、ハイテクな鬼ごっこといったところか。

 リアルな生活の場面では、例えばRazer Nabuを着けたものどうしが握手をすると、お互いの“名刺”を交換する役割を果たしたり、TwitterやInstagramなどにその場で会ったことを投稿する、ということも想定している。

Razer CES2014

 また手の動きをプログラムできるという。例えば、指ぱっちんするとスリープモードになったり、手首を振ると通知を既読にする、といった指定ができる。この通知もカスタマイズでき、会社ではソーシャルの通知を切るといった細かい設定もできるようだ。

Razer CES2014

 もちろん、スマホと連携して健康状態を管理することも可能だが、Razerらしく、目標を達成するとリワードを与えるといった、ゲーム性もあるようだ。

Razer CES2014

 現在、Razer Nabu用のソフト・ハード開発者用にSDKやAPIも用意しており、開発者向けに49ドルで提供する申し込みを受け付けている。

Razer CES2014

●関連サイト
製品紹介ページ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking