2013年09月24日22時00分

OC仕様と独自ファンが魅力“ガチPCゲーマー”も納得のGTX760搭載グラボ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

GIGABYTE
GV-N760OC-4GD

関連サイト
実売価格 3万8000円前後(販売 CFD販売)

OC仕様と独自ファンが魅力“ガチPCゲーマー”も納得のGTX760搭載グラボ

 NVIDIAのGeForce GTX760を搭載したミドルクラスのグラボ。出力端子はDVI-I、DVI-D、HDMI、DisplayPort。独自の設計基準『Ultra Durable VGA』を採用。4K2K出力も可能で、対応テレビとゲームで超高画質映像を楽しめる。

処理速度を高めたOC仕様

OC仕様と独自ファンが魅力“ガチPCゲーマー”も納得のGTX760搭載グラボ

↑『GPU-Z』でスペックを確認したところ。ベースクロックとブーストクロックがリファレンスより高いのがわかる。

高冷却と低騒音を両立

OC仕様と独自ファンが魅力“ガチPCゲーマー”も納得のGTX760搭載グラボ
OC仕様と独自ファンが魅力“ガチPCゲーマー”も納得のGTX760搭載グラボ

↑ヒートパイプは3本で、GPUとの接触面には銅板が付いている。ファンを3つ搭載し冷却性能は高いが、動作音は静か。

最高品質でも“非常に快適”

OC仕様と独自ファンが魅力“ガチPCゲーマー”も納得のGTX760搭載グラボ

↑780は9万円前後、770は6万円前後なので760がお買い得。ベンチ中の温度もWindForceのおかげで54度前後と低かった。

500番台以前なら即買い替えを推奨!

 話題の超大作『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』など、本誌を読んで最新ゲームをいち早くプレーしたい! とウズウズしている読者は多いはず。とはいえ、やみくもにハイスペックで高価なグラボを買うわけにはいかないもの。
 そこで、週アス編集部きってのガチPCゲーマーであるジサトラアキラが、コスパもしっかり考えてグラボを厳選してみたぞ。それが、今回紹介するギガバイトの『GV-N760-OC-4GD』だ。


 GPUにNVIDIAの最新ミドルクラスGTX760を搭載。しかも、メーカーが独自にベースクロックを980MHzから1085MHzへ、ブーストクロックを1033MHzから1150MHzにオーバークロックした仕様で、標準型より高い性能が手に入る。
 独自のツール『OC GURU 2』を付属しており、別にツールを入れる必要なくオーバークロックやファンの制御、温度の監視などが手軽にできるのもうれしい。


 また、すでに独自クーラーの代名詞と言えるほど自作ユーザーの間でメジャーな存在となっている『WindForce 3X』を搭載していることもポイントだ。三角構造のヒートシンクと、3本の銅製ヒートパイプ、3つのファンからなる巨大なGPUクーラーで、抜群の放熱効果を誇る。ついつい長時間ゲームに熱中してしまっても、GPUはクールに冷やして安定動作してくれるので安心だ。


 『ファイナルファンタジーXIV』のオフィシャルベンチでは、画質が“最高品質”でもスコアー9000以上で“非常に快適”と文句なし。また、自由度の高さに定評のある『ArcheAge』の、1920×1080ドットの高解像度設定でも、50fps以上で、ぬるぬる動いた。上位のGTX770搭載モデルより2万円ほど安くコスパがよいので最新ゲームを動かすために買い替えたい人に最適だ。

提供:CFD 販売

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking