2013年06月13日20時30分

PFUから新機軸のドキュメントスキャナー『ScanSnap SV600』登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ScanSnap SV600

 PFUは6月13日、新聞などの原稿を前面に置き、その上部にあるヘッドからスキャンを実行できる『ScanSnap SV600』を発表しました。販売開始は7月12日、予想実売価格は5万9800円前後。

 ScanSnapといえば、A4までの書類原稿などをまとめてセットして、ADF(オートドキュメントフィーダー)で一気に読み取ってPDF化できるスキャナーとして定評があります。弱点は、原稿サイズがA4サイズまでな点(A3を半分に折りたたんで読み込む手はありますが)と、原稿がいちいちバラバラになっている必要がある点。

 今回のSV600は、いわばその不満点を解消するモデルです。上部に延びた柱の先にあるスキャンヘッドから原稿全体を読み取り、たるみなどを補正したうえで電子文書化できるのです。スキャン時は、高指向性のLED光源から1列の光を照射しながら、最大A3サイズまでの原稿をビーッと1回3秒で読み込んでいきます。その様は、まるで「なぎ払え!」のよう(ちょっと違うけど)。3cmほどの厚さの原稿までなら、きちんとピントを合わせて読み込めるといいます。

ScanSnap SV600
ScanSnap SV600 ScanSnap SV600
ScanSnap SV600 ScanSnap SV600

 冊子資料などページのある原稿は、ページをめくるだけで、そのめくりを検知して、次のページのスキャンを自動的に開始できる点が秀逸。また、指で押さえているとその指を合わせてスキャンしてしまうのですが、あとからユーティリティーでその部分を選択すると、周辺の色から補正して、指の部分を消すことも可能です。サイズ自動検知や、カラー自動判別、傾き補正、マーカー切り出しなどができるのは、従来のScanSnap同様。付属ソフトも『ScanSnap Organizer』、『CardMinder』、『やさしく家計簿 エントリー2 for ScanSnap』、『楽2ライブラリ Smart』などが付属します。

ブック補正の前後

ScanSnap SV600 ScanSnap SV600


写り込んだ指を塗りつぶす

ScanSnap SV600 ScanSnap SV600

 なお、 本製品は、ハイブリッドモデルとなっていますが、発売当初はWindows版ソフトのみ同梱され、Mac OS版のソフトは別途提供予定です。

 これは、従来のScanSnap iX500ユーザーなども(ユーザーだからこそ)欲しくなる一品だなと思います。クシャナ殿下のように「なぎ払え!」と言いながらスキャンボタンを押したい人もぜひ。

 以下、リリース抜粋です。

新聞・書籍などがそのままスキャンできる「ScanSnap SV600」新発売
~ A3サイズまでの原稿が読み取れるまったく新しいドキュメントスキャナ登場 ~


 株式会社PFU(社長:長谷川 清、東京本社:川崎市幸区)は、カンタン・コンパクト・スピーディーに書類をPDF化するパーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap」(注1)の新モデル「SV600」を、7月12日(金曜日)から販売開始いたします。(受注開始は本日から。)

 パーソナルドキュメントスキャナScanSnapシリーズは、簡単な操作でスピーディーに書類をPDF化できることから全世界で数多くのお客様にご利用いただいております。

「SV600」は、新技術である「Versatile Imaging Technology」(以下VIテクノロジー」)で、使いやすさと高画質を両立したまったく新しいドキュメントスキャナです。

 本製品は、大きなサイズの原稿、とじられた本を切ったりせずに、最大A3サイズまでスキャンでき、さらにイメージデータの読みやすさにこだわるScanSnapならではのドキュメント画質(注2)を実現しました。さらに「ワンプッシュ」に象徴されるScanSnapシリーズの優れた操作性に、見開きにした本の湾曲を自動的に補正する「ブック補正」(注3)や「ページめくり検出」機能を搭載することで、様々な媒体を手間なくイメージデータに変換できます。

 同梱されるWindows用ソフトウェアに加えて、2013年秋無償ダウンロード提供予定のMac OS用ソフトウェア(ドライバソフト、名刺管理ソフト、OCRソフト)(注4)で、お客様の利用環境に合わせてご利用いただけます。

 当社は、本製品によって今まで簡単にスキャンできなかった媒体のイメージデータ化を支援し、お客様のライフスタイルを進化させていきます。

本製品の特長

1.新VIテクノロジーで、様々な媒体を簡単に電子化


高被写界深度レンズ、高指向性LED光源、ライン型CCDセンサーを組み合わせたVIテクノロジーにより、スキャン時の画質のムラを最小限に抑え、均一で読みやすいドキュメント画質を実現しました。大きなサイズの原稿、とじられた本も簡単に電子化できます。

1.新聞、書籍など原稿の大きさを問わずスキャン可能 (最大サイズはA3まで(注5))
新聞や書籍・雑誌の見開きなどの大きな原稿でも切ることなくスキャンできます。また本や色紙といった厚み(注6)のある原稿もスキャンできます。付箋など重ね付けされたものがある原稿も、そのままスキャンできます。

2.大切な書籍や書類も手軽にスキャン可能
大切に保管しておきたい書籍や紙焼き写真、とじられた契約書原本などの重要書類、クレヨン・絵の具などによる絵など表面に触れることで傷む可能性のある原稿も、読み取り面に触ることなく手軽にスキャンできます。

2.自分だけの電子書籍が簡単作成・閲覧できるオールインワン・モデル

本のスキャニングに適した「SV600」本体に「ブック補正」機能、「ページめくり検出」機能(注7)などを搭載しました。さらに従来Deluxeモデルのみ同梱の「楽2ライブラリ Smart with Magic Desktop」を標準同梱。本製品だけで、スキャンしたイメージデータを電子書籍のように管理・閲覧できる環境が整います。

1.見開きにした本の湾曲を自動補正する「ブック補正」
本を見開きにしたとき、中央部に発生する膨らみによる歪みを自動的に補正する「ブック補正」機能を搭載。補正結果の確認や修正も簡単にできますので、雑誌や書籍をスキャンしてもカットされた用紙と同様に読みやすいイメージデータを生成できます。

2.ページの連続スキャンを効率化する「ページめくり検出」
スキャン時にページをめくったことを自動検出し連続スキャンできる「ページめくり検出」機能を搭載。ワンプッシュで一冊の本を手間なく電子化できます。

3.イメージデータを簡単に電子書籍にできる「楽2(らくらく)ブッククリエーター」
スキャンした原稿サイズに応じてデジタル書棚上での表示サイズを自動設定したり、表紙カバーを取り込み本の表紙・背表紙を使ったサムネイル画像の作成が行える「楽2(らくらく)ブッククリエーター」を「楽2 ライブラリ Smart」に搭載。「SV600」のスキャン操作から続けて簡単に電子書籍化できます。

3.カンタン・コンパクト・スピーディーを実現する様々な機能

1.高速起動・高速読み取りでスピーディーに使用
本体の電源オンから約3秒で読み取り可能になるクイックスタートを実現。1枚あたりのスキャン時間もA3サイズという広い読み取り範囲全域で3秒以下(注8)と高速です。スキャンしたいときに、ストレスを感じることなく原稿をスキャンできます。

2.「マルチクロップ」機能で複数枚原稿の自動切り出し、一括スキャンを実現
複数枚の原稿を自動的に切り出す「マルチクロップ」機能を搭載。スキャン範囲内に複数原稿を置いて一度にスキャンできます。複数枚の名刺や、関連する写真、メモなどをまとめてイメージデータにできるので、手間がかかりません。

3.買ってすぐに使える充実の同梱ソフトウェア
スキャンしたイメージデータを活用できるPDF編集ソフト「Adobe Acrobat Standard」、名刺管理ソフト「CardMinder」などを同梱。ご購入後すぐに使い始めることができます。

(注1)ScanSnapは、当社および富士通・富士通グループ各社と全国の主要パソコンショップや家電量販店で販売しております。
(注2)オーバーヘッド構造の特性上、従来のScanSnapシリーズと画質に差異があります。ScanSnapホームページにサンプル画像がありますので、ご参照ください。
(注3)富士通研究開発中心有限公司 (董事長 佐々木繁、本社 中国・北京市)との共同開発技術です。
(注4)SV600ご購入者を対象に提供予定のMac OS用ソフトウェアは、ScanSnap Manager (ドライバソフト)、CardMinder (名刺管理ソフト)、ABBYY FineReader for ScanSnap(OCRソフト)です。
(注5)厚さが5mmを超える原稿の場合、読み取り範囲は最大400×300mmとなります。
(注6)読み取れる原稿の厚さは30mmまでとなります。
(注7)設定した時間ごとに連続して原稿をスキャンするタイマースキャン機能もあります。
(注8)読み取り部が動作を開始してから原稿の後端を読み取るまでの時間となります。

■関連サイト
PFU

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking