2013年04月15日22時00分

安倍首相もエール 新経済サミット2013前夜祭が開催

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2013年4月16日に行なわれる“新経済サミット2013”の前夜祭が行なわれ、安倍晋三内閣総理大臣らが新経済連盟にエールを送った。

 新経済サミットとは、楽天の三木谷浩史代表取締役会長が代表をつとめる、IT企業を中心とした“新経済連盟”が主催する経済会議。

新経済サミット

 安倍首相は壇上に上がり、「経済を成長させてもらわなければならない。三木谷さんや今日集まりのかたが時代を担っていく。グローバルな人材でないと戦っていけない。ニューエコノミーのみなさんが活躍しやすい国にしていくことが、未来を獲得できる」と、三木谷氏らにエールを送った。

 三木谷氏も「ITをどう育てたら良いか議論して、今回の6つのセッションで日本の環境、世界の環境を議論したことを踏まえ、日本政府へ提言する。ベンチャーコミュニティーは新しい経済をおこしていく」と意気込みを語った。

新経済サミット

 IT政策を担当する山本一太内閣府特命担当大臣も登壇し、「今、IT担当大臣として安倍内閣のIT総合戦略をつくっております。今日お目にかかれた、みなさんからも会話の中からもヒントをいただいて、日本を世界最高水準のIT社会にになれるように務めていきたい」と話した。

新経済サミット

 そんな世界経済サミット2013には、世界的に活躍する起業家、経営者などそうそうたる面々が登壇する。Androidの生みの親であるアンディ・ルービンGoogle上級副社長やTwitter共同創業者ジャック・ドーシー氏、Skype共同創業者のニクラス・ゼンストローム氏、Evernoteのフィル・リービンCEO、さらに国内からはLINEの森川亮社長、Ruby開発者のまつもとゆきひろ氏などらが、“破壊的なイノベーション”をテーマに6つのセッションにわたって議論する。

新経済サミット

■関連サイト
新経済サミット2013

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking