2012年09月27日19時30分

吉田尚記アナによるスマホを使った新番組 公開録音イベント自作自演レポ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 TOKYO GAME SHOW2012のステージを降りたのが、2時間前(原稿執筆時)ですか……! どーも、ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記です。今回、私の出演する新番組の公開録音をやらせていただくので、ぜひ取材してくださいよー! と週アスさんにお願いしたところ「司会の人が自分で書くイベントレポートって見たことないので、やってください」とのこと。……! なるほど! それはおもしろそう、ということで、この文章を書かせていただくことになりました。

司会は私、吉田尚記でしたw
Toneconnect

 そもそも、なぜラジオ番組のイベントを週アスさんに取材してもらおうと思ったかというと、これがかなりデジタルな番組だからです。私、ラジオ局のアナウンサーでありつつ、今年の2月に株式会社トーンコネクト(外部サイト)という同名のアプリの普及を目指す会社の代表取締役CMOになりました(ちなみにニッポン放送も共同出資してます)。で、なんでラジオ局が会社までつくって手を出したかいうと、このアプリ、“音でURLを伝えるアプリ”だからなんですね。

 電話のダイヤルトーン音、ありますよね? あの「ピ・ポ・パ」という音を『トーンコネクト』をインストールしたスマートフォンに聴かせると、音でURLが開いてしまうのです! 見てもらうのが早いと思いますので……実演している映像がこちら(YouTube)です。

 週アス誌面のテストレポートにも書かせていただいたことがありますが、このアプリは“音”さえ伝わればいいわけで、なんと、ラジオでこの「ピ・ポ・パ」という音(専門的にはDTMF音と言います)を流せば、ラジオからの音声でスマートフォンがホームページを開いてしまうのです! こ、これはラジオ局がやる価値がある! ……ということで、さまざま画策してきたこの数ヵ月だったのですが、この10月から、この技術に深く共感してくださるスポンサーさんが現われ、トーンコネクトを使ったレギュラー番組がスタートすることになったのです。それが『Xperia presents 吉田尚記 connect to you』(吉田尚記 BUZZ ニッポン』内 毎週土曜日19時~20時40分 ニッポン放送です!

プレスリリースも出ておりますよ!外部サイト、PDF

 この番組では、これまでのラジオ番組とはまったく違うことをやろう! というわけで、つい先ほど(原稿執筆時)、その初めての公開録音が終わったわけです。って前フリ、長っ……!

ゲストの池澤あやかちゃんと
Toneconnect

 この公開録音にまず登場してくれたのが、池澤あやかちゃん! 「お、綺麗どころ、いいね!」と思われたアナタ。彼女、只者ではありません。女優さんとして活動している一方で、なんとrubyをあやつりwebアプリを自分で書くことができる、おそらく日本にも他にはほとんどいない、プログラムの書ける女優さんなのです! 今後、レギュラーとして彼女に番組を手伝ってもらう予定です。

池澤あやかさんのツイッターはこちら(外部サイト)

ソニーモバイルコミュニケーションズ 佐藤さん ソニーモバイルコミュニケーションズ 笹谷さん
Toneconnect Toneconnect
↑写真右が笹谷氏。

 で、イベントです。まず、今回の番組を「トーンコネクトを使うならおもしろそう!」とスポンサードしてくれたソニーモバイルコミュニケーションズの佐藤さんがご登場。じつは佐藤さんは、この番組の前に単発で公開録音をやった時に「トーンコネクトすごい!」と、わざわざ見に来て下さった方。Xperiaはこういう先進的なものをどこよりも早く取り込んでいくんだという熱い気概をおもちなのです。いやー、フットワーク軽くてかっこいいです。

 そこに、アゲアゲのソニーモバイルコミュニケーションズの笹谷さんが、コンパニオンさんを堂々率いてご登場! まるで石油王の風情。Xperiaに最適化されたjubeatでひとしきり遊んだ後、ここからがトーンコネクトのお話です。

株式会社トーンコネクトCEO 加畑健志(通称カバヤン)
Toneconnect

 続いてトーンコネクトの開発者、株式会社トーンコネクトのCEO 加畑健志(通称カバヤン)が登場し、ちょうど2日前にバージョンアップした『トーンコネクト2.0』と『トーンコネクト for Xperia』を披露させていただきました。

『トーンコネクト』(Google play)

『トーンコネクト for Xperia』(Google play)

 何が2.0かというと、今までトーンコネクトで写真やファイルを目の前の人に送る場合、 1)サーバーにファイルをアップ 2)URLをコピー&ペースト 3)トーンコネクトで送信 というステップを踏まなければならなかったのですが、これが共有メニューから“トーンで送信”を選ぶ、というワンステップで可能になりました! これは、トーンコネクト側でファイル共有用のサーバーを立て、先ほどの2つのステップを自動化しただけなんです。

トーンコネクト送信実験
Toneconnect

 ステージ上で池澤さんと吉田の写真を撮り、ワンタッチで会場のスピーカーから送信したところ……(そう、トーンコネクトは音なので、PA設備をまるごと使ってイベント中のファイル送信なども簡単にできるのです)、会場じゅうから「受信できた」という声が! これ、ラジオの生放送だと、写真を撮った瞬間にURLが送信できるんですよ! (なお、『トーンコネクト for Xperia』は、電話帳のデータを音声でやり取りができます。ほかのスマホでもできるかもしれませんが、Xperiaでのみ動作チェック済みです)

 これだけでも盛り沢山だったのですが、もうひとつトピックがあります。トーンコネクトは通常、送信の都度都度10音のピポパ音を発生させます。が、トーンコネクト社に申し込んでいただいた場合、最低4音の指定したものにすることができるのです。それを史上初めて、今回のイベントでやっていただきました!

DAISHI DANCEさん
Toneconnect

 今回、その4音をデザインしてくれたのは、クラブシーンのカリスマ、DAISHI DANCEさん! この日も朝までDJやって、そのままイベントにお越しいただきました。いままでにさまざまな企業や商品のサウンドデザインをされたそうですが、電話のダイヤルトーン音で作曲したのは、初めてとのこと。

 3種類つくっていただいた候補から、公開放送に集まってくれたリスナーさんのリアクションでソニーモバイルコミュニケーションズさんのトーンコネクト音を決定! そして、その場でカバヤンがサーバーを操作して、この4音をソニーモバイルさんのサイトにひもづけると……! 数秒前まで何の意味も持っていなかった4音が、意味のある音に変化したのです! スマホに聴かせることでサイトにアクセスできる音、です。

 こちら(外部サイト)にアクセスして、トーン音を再生してスマホに聴かせてみてください。ソニモバさんのサイトに飛びますから! DAISHI DANCEさんご本人も「これはいろんな可能性がある……!」とおっしゃってくれていたりして。

 Xperiaという協力な助っ人、プログラミングのできる女優、サウンドロゴ、そしてレギュラー番組! すべてそろって、この10月からトーンコネクトは改めて全力で走り始めます! このアプリ、送信も受信も使用は全部無料ですので、試しに使ってみてください。そして、10月6日(土)19時からスタートする生放送は、ぜひスマホ片手に聞いてみてください。ラジオの歴史、変わりますから!
 あ、AMラジオだけじゃなくて、radiko(外部サイト)でも聞いていただけますよ!

●関連サイト

ニッポン放送秋の新番組ページ
吉田尚記アナのツイッター
吉田尚記アナのニコニコ公式チャンネル


関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking