2012年09月11日13時00分

ソニー新型3D HMD『HMZ-T2』発売 イヤホンが交換可能に

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 昨年、発表と同時に予約が殺到し品薄になった3Dヘッドマウントディスプレーの新型が登場します。基本スペックは前モデルの『HMZ-T1』と同様に、1280×720ドットの有機ELパネルを2枚搭載し、“20メートルの距離から750インチ相当のスクリーンを見ている”ような映像が楽しめます。

『HMZ-T2』
●ソニー(関連サイト
予想実売価格 7万円前後(10月13日発売予定)

HMZ-T2

 基本スペックは前モデルとほぼ同じですが、より装着しやすく、より映像への没入感を高める改良がされています。

ボディーの改良点
・オープンエア式のヘッドホンを廃止、イヤホン用ジャックを装備し取り外し可能な密閉型インナーイヤホンなどが使用可能。
・本体重量330グラムと全モデルから90グラム軽量化。
・額をあてるヘッドパッドをワイド化し、安定感を向上。さらに、位置を前後に調整でき、メガネ着用時でも当たらないような構造に。
・レンズの幅を調整するスライドが左右独立して動くようになり、目の位置に合わせやすくなった。
・高等部の固定用バンドが、外れにくく調整しやすいラッチ付きのスライド式に変更。
・上部ライトシールドを追加。下部ライトシールドも大型化。
・ボタン類が集中していたので、音量ボタンを左側に移動して誤動作を防ぐ。

音質の改良点
・インナー型やオーバーヘッド型に最適なサウンドモードを用意。
・微小な音を再現し、音の深みや伸びを強調する『ハーモニックスイコライザ』

映像の改良点
・フィルム映画と同じ、毎秒24コマの動きを再現する『24p True Cinema』
・徐々に色温度を調整し、映像処理がかかっていることを感じさせない『色温度ナチュラルモード』
・パネルの発行制御により、ゲームやスポーツなどのボケを提言する『パネルドライブモード』

HMZ-T2 HMZ-T2
HMZ-T2


●お知らせ:週刊アスキー 10月16日増刊号は、書店、コンビニ、駅売店等で取り扱い中です。

Amazon:週刊アスキー 2012年10月16日増刊号(No.897)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking