2012年06月07日10時30分

CORSAIRの新SSDが採用した第3のコントローラとは!?:COMPUTEX TAIPEI 2012

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 CORSAIR Memoryといえば、PC用メモリーはもちろん、ケースや電源、SSDなどを手がけるPCパーツのメジャーメーカーのひとつ。COMPUTEX TAIPEI 2012では、SSDや電源、メモリーの新製品がいくつも発表された。

■定番の可能性あり? 新コントローラー採用のSSD

COMPUTEX TAIPEI 2012
COMPUTEX TAIPEI 2012

 発表されたSSDの新製品は『Neutron GTX』シリーズと『Neutron』。従来、SSDのコントローラーといえば、MarvellかSandForceの2巨頭だったが、本シリーズでは、エンタープライズ系のメーカー Link_A_Media Devices社のコントローラーを採用。同社はコンシューマー向けに新たにコントローラーを立ち上げ、CORSAIRとパートナーシップを組んで製造していくという。

 2つの製品の違いは、『Neutron GTX』では、東芝製のToggleタイプのフラッシュメモリーを搭載。『Neutron』ではもう少しスピードが落ちるフラッシュメモリーになるという。実際に『Neutron GTX』のデモが行なわれていたが、CrystaldiskMark 3.0.1ではシーケンシャルリードが461MB/s、シーケンシャルライトが490MB/sとイマドキのSSDとほぼ同レベルの性能を発揮していた。ちなみに、ランダムアクセスはリード/ライト両方で90,000IOPS。

 発売時期は7月を予定しており、価格はまだ未定とのこと。

■電源の主力をWindowsから制御できるCORSAIR Link搭載電源

COMPUTEX TAIPEI 2012

 CORSAIRは専用コマンダーユニットを使って、電源やメモリー、ファンなどの動作をモニタリングしたり制御したりできる”CORSAIR Link”を発表していたが、今回はその対応電源が発表された。

COMPUTEX TAIPEI 2012

『AX1200i』は1200ワットの80+プラチナ電源。同梱されている簡易コマンダーをマザーボードの内部USB端子に接続することで、現在の電源の使用率やAC側の電源入力、DC側の電源出力、温度などを専用ソフトでモニタリングできる。

COMPUTEX TAIPEI 2012

 なお、専用ソフトはCORSAIRのサイトからダウンロードできる。注目すべきは、PCIエクスプレスのレーンごとに電源出力をコントロールできる点。ソフト上で電源出力にリミッターをかけたり、シングルレーンとマルチレーンの切り替えができる。もしくは逆に電源出力をビデオカードにシフトするといった使い方もできる。オーバークロッカーにはうれしい機能だ。

COMPUTEX TAIPEI 2012

 夏ごろ発売予定で参考価格はUSドルで350ドル前後。

■ハイエンドメモリーDOMINATORシリーズに新製品

COMPUTEX TAIPEI 2012
COMPUTEX TAIPEI 2012

 CORSAIRといえば、ハイエンドのオーバークロック対応メモリー“DOMINATOR”シリーズが有名だ。従来のシリーズではファンが搭載されていたり、LEDで照明が点灯するようになっていた。今回は新製品のDDR3-2666(PC3-21300)モデルを発表、7月には発売となる見込みだ。なお、このモデルでは、“CORSAIR Link”に対応。基板上に専用のコネクターがあり、温度や動作状況がモニタリングできる。また、白色LEDを搭載している。年内にはDD3-3000モデルもラインアップされる予定で、価格は調整中とのこと。

■関連サイト
COMPUTEX TAIPEI
CORSAIR Memory

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking