2011年05月17日13時00分

【連載300回記念】『今週のデジゴト』イラスト傑作選!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 5月17日発売号で連載300回を迎えた週刊アスキーの人気連載『今週のデジゴト』。山崎浩一氏による「時事+デジゴト+α」についてのコラムと見るだけでも楽しいイラストが売りの人気連載です。

 週刊連載で300回といえば、約6年もの期間ずっと休まず、雨の日も晴れの日も掲載され続けたことになります。「これはめでたい、すばらしい!」ってことで、これまでに掲載されたイラストの中から、著者の山崎氏と担当編集Kが選んだ傑作選をお届けしちゃいます!

<山崎浩一氏のベスト5+1>

第1位(2010年5月18日増刊号に掲載)
【連載300回記念】『今週のデジゴト』イラスト傑作選!

 コラムの題材はiPhone 3GSを落としてパニクった体験談。MobileMeなんかより落とした瞬間にわかるようなアプリが欲しい、という願いを込めて描いたイラスト。ガジェットとラブプラ風(?)美少女のカップリングという意味で、これが最も「週アス的」にうまく描けたイラストかも。このテの萌えキャラはこれまで描いたことがなかったので、描く人の苦労も快感もわかった気がしました。(山崎)
 

第2位(2009年4月21日号に掲載)
【連載300回記念】『今週のデジゴト』イラスト傑作選!

 コラムの題材は海外で日本アニメに度々出会った'80~'90年代の思い出話。イタリアで観たのが『ヤッターマン』。ちょうど実写版『ヤッターマン』も公開されたばかりだったので、こんなイラストに。ドロンジョ役の深田恭子のコスチュームをちょっと過激にイジってみました。妄想が暴走しすぎちゃったかも。でも、個人的にはこういう趣味はないので念のため。あくまでも読者サービスですってば!(山崎)
 

第3位(2010年6月8日号に掲載)
【連載300回記念】『今週のデジゴト』イラスト傑作選!

 コラムの題材はiPadの発売とS・ジョブズ氏の世代体験を絡めて。当時はまだ海のものとも山のものともわからなかったiPadを、まだ正体不明のヒッピー青年だったApple起業時のジョブズ&ウォズニアックの面影と重ね合わせました。当時の彼らの鮮明な画像がなかなか見つからなかったので絵はあまりうまく描けなかったけど、アイディアは気に入ってます。ちなみに僕はまだiPad1も2も持ってません。(山崎)
 

第4位(2011年2月22日号に掲載)
【連載300回記念】『今週のデジゴト』イラスト傑作選!

 コラムの題材はコンビューターの外字問題。難しい外字のフォント一覧を眺めていたら、なぜかこういう絵柄が浮かんできてしまったので、それをそのまま描いてしまいました。なんだかよくわからないけど、なんだか美しくないですか(笑)。深い意味はないんだと思います。この僧が少年なのか少女なのかも知りません。とにかく自動書記のように自然に描けてしまったという極めてレアなケースでした。(山崎)
 

第5位(2010年12月7日号に掲載)
【連載300回記念】『今週のデジゴト』イラスト傑作選!

 コラムの題材は「日本鬼子」プロジェクト。あのプロジェクトには感心しました。尖閣問題がくすぶる中で「日本鬼子」という中国語を「ひのもと・おにこ」という萌えキャラに換骨奪胎(?)してしまうなんて発想は、旧世代には思いもつかない。中国のネット世代の反応も意外で愉快でした。で、僕も便乗して「日本鬼子」を描いてみたわけですが、余白に文字をゴチャゴチャ書きすぎてキャラも江口寿史風すぎたので、この順位。(山崎)
 

次点(2010年12月14日号に掲載)
【連載300回記念】『今週のデジゴト』イラスト傑作選!

 この連載コラムでは「困った時のネコだのみ」ってくらいネコの絵をたくさん描いてます。ざっと20点くらい。モデルはわが家のネコたちなのですが、連載中に3匹のうち2匹が昇天していきました。その度に仕事も手につかない状態になったのですが、この絵を描いた時はちょっとラクになれました。なので、この絵を勝手に予定外の「次点」とさせていただきたいと思います。(山崎)
 

<担当編集Kのベスト3>

第1位(2010年1月5-12日号に掲載)
【連載300回記念】『今週のデジゴト』イラスト傑作選!

 目の前に見えているものではなく、頭の中にモヤモヤとあるもの(概念)をイラストにできるのは本当にすごい能力だなと、絵の下手な自分はいつも思います。山崎さんは、そういうイラストの名手でもあると思うのです。ちなみに、コラムの題材はグーグル初の日本語入力システム『Google日本語入力(ベータ)』でした。ね、上手いでしょ?(担当K)
 

第2位(2009年12月29日号に掲載)
【連載300回記念】『今週のデジゴト』イラスト傑作選!

 コラムの題材は、民主党政権による科学技術関連予算に対する事業仕分け。この連載のイラストでは、さまざまな人物の似顔絵が描かれていますが、もっとも「似てるな~!」と思ったのがこれです。わざとらしく眉根を寄せた表情とか、「必殺仕分け人」の迫力がなんとも巧みに描かれていると思いませんか。(担当K)
 

第3位(2010年8月10日号に掲載)
【連載300回記念】『今週のデジゴト』イラスト傑作選!

 コラムの題材は、サッカー南アフリカW杯の公式スポンサーだったソニーが行なった社会貢献活動について。コラムではW杯公式スポンサーで日本企業はソニーだけになってしまったことに複雑な感慨を抱きつつ、イラストではこのお色気(笑)。ちなみに「ラリッサ・リケルメ」でグーグル画像検索をすると、とっても素敵な世界(男性限定)が開けます。(担当K)
 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking