2011年03月24日22時00分

GeForce GTX590登場!! 2GPU搭載グラボ徹底比較してみた!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

AMDのRADEON HD6990に続いて、NVIDIAから『GeForce GTX590』が登場し、両メーカーから1枚のボードに2基のGPUを搭載する最上位機種が揃いました。早速その実力を比較してみましょう。

 

『ZT-50501-10P』
GeForce GTX590
●ZOTAC(販売 アスク) ●http://www.ask-corp.jp/ 実売予想価格 8万6000円前後
GeForce GTX590
トップカバーは取り外し可能。2つのGPUは大型のヒートシンクに覆われている。

比較対象は以下の2製品。

『EAH6990/3DI4S/4GD5』 実売価格 7万5000円前後(3月下旬発売予定)

『ENGTX580/2DI/1536MD5』 実売価格 5万3000円前後

●ASUSTeK(販売ユニティ) ●http://www.unitycorp.co.jp/

GeForce GTX590
上からRADEON HD6990、GeForce GTX590、GeForce GTX580。いずれも標準的な形状だ。HD6990の長さは30センチを超えるが、GTX590は28センチ前後。いずれもPCケースを選びそうだ。

さっそく各種ベンチマークの結果を見ていきましょう。いずれも高負荷設定で検証しています。

※ベンチマーク環境 CPU:インテル『Core i7-2600K』(3.4GHz)、マザーボード:ASRock『P67 Extreme4』、 メモリー:CORSAIR『CMT4GX3M2A2133C9』(PC10600、4GB×2)、SSD インテル『SSDSC2MH120A2K5』 、電源ユニット:HuntKey Japan『X7 900』(900W) 、OS :Windows7 Ultimate(64ビット)

●3DMark11
GeForce GTX590
●ロストプラネット2ベンチマーク
GeForce GTX590
解像度1920×1080ドット、アンチエイリアス:CSAA8X、画質:全てHIGH、モーションブラー:ON
●ストーカー
GeForce GTX590
解像度1920×1080ドット、DirectX11、画質:Ultra、アンチエイリアス:MSAA 4X、SSAO:Default-High、Tessellation:Enabled

性能はGTX580の1.2倍から1.5倍で、ほとんどのベンチマークでHD6990を上回りましたが、一部のゲーム、たとえば『Aliens vs. Predator』ではスコアーが逆転することも。甲乙付けがたい、といった印象です。

3DMark11は検証用ドライバーを使用したためか、画面表示に不具合が出ました。正式版のドライバーでは、スコアーが変わる可能性もありそうです。

●消費電力

 アイドル時ピーク時
GeForce GTX590108W431W
RADEON HD699092W394W
GeForce GTX58084W329W

ピーク時400ワット超えは気になるところ。HD6990も高いですね。

●温度

 アイドル時ピーク時
GeForce GTX59043度85度
RADEON HD699036.5度77.5度
GeForce GTX58042度88度

 

●動作音

 アイドル時ピーク時
GeForce GTX59040.1dB48.5dB
RADEON HD699041.5dB61.4dB
GeForce GTX58041.3dB51.5dB

温度と動作音の関係を見ると、HD6990が“冷却性能を上げたぶん、動作音が大きい”のに対し、GTX590は“動作に支障を来さない温度内で、静かに動作する”といった仕様であることがわかります。

GTX590、HD6990ともに2GPUの実力をまざまざと見せつけてくれました。もうフルHD&最高画質はでも負荷が軽く感じます。これからは3D Vision有効でのパフォーマンス評価にしなくてはならないかも。

どちらを選ぶか難しいところですが、性能の割に静かで、NVIDIAに最適化されているゲームが多いことを見れば、GTX590が一歩リード、といったところでしょうか。

今度は、GTX590を2枚用意して4GPU SLIの性能を検証してみたいですね!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking