2010年12月01日19時00分

タイプするのが本当に気持ちいい!メカニカルキーボード

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは!明日香です。

みなさんは、キーボードにこだわりがありますか? 私はあんまりなかったんですけど、この商品を触ってみて、あまりのタイプの気持ちよさに認識を新たにしましたよ~。やー、キーボードってモノによってこんなに感覚が違うもんなんですねー。まぁ、普段からキーボードにこだわっている人には「そんなの当たり前じゃないかバカ」っていうような話なんでしょうが、私のような一般庶民レベルと言うと、この違いは実際体験してみないとなかなか実感できないものなんですよ。

さて、そんな私の感動を演出してくれたのはこちら。

Matias Tactile Pro Keyboard

Matias Tactile Pro Keyboard

見た目は普通のキーボードですね。でも、キーボードにこだわりのない私でも、以前からひとつだけ好き嫌いがありまして、ヒューマンエルゴリズム、いわゆる人間工学に基づいて設計されたという感じのキートップが独特のカーブに沿って配置されたキーボードは苦手で、そういう意味では、このシンプルなデザインも、私に合っていたとも言えますね。

さてさて、このキーボード最大の特徴であるキータッチの話に戻りますと、このキータッチは、かつてアップルが販売していたApple Extended Keyboardのキータッチを再現しようと開発されたものだそうで、このアップルのキーボードは、今なお根強い人気があるんだとか。それだけ支持の高い商品ですが、まぁ、なにぶんお値段が…ということで、今は絶版になってしまっているそうです。昔のマッキントッシュは、ホントに高かったそうですからね~。「マックは医者かマンガ家しか買えないコンピューターだと言われてた時代があったんだ」とはF岡部長の弁。そのあとに「まぁ、俺は当時から持ってたがな」というセリフが続くわけですが。

そんな高級機向けキーボードのタッチを再現したこのMatias Tactile Proは、1万8900円と、やっぱり今どきのキーボードとしてはややお高い部類です。ですが、それだけの価値はあります(キッパリ)。にわかこだわり派の私ですが、やっぱりキーボードが違うとタイピングのノリが違います。ノリノリです。まぁ、パソコンなんてウェブサーフィンくらいにしか使わないよ、という人には必要ないかもしれませんが、書類作成したりブログを書いたりする人には、ぜひご自分のキーボードの見直しをおすすめしたいです。ノリノリですよ?

おまけに、このキーボードには左右にひとつずつと背面にひとつ、計3つのUSBポートが付いていて、USBメモリーやiPodなどの音楽プレイヤーとの接続など、ちょっと指して使う系のUSB機器をつなぐのにも便宜が図られています。

Matias Tactile Pro Keyboard

キー配列はJPキーボードタイプとUSキーボード配列の2種類。ドライバーを入れることで、Windows、Macのどちらでも利用可能です。

Matias Tactile Pro Keyboard
Matias Tactile Pro Keyboard

あなたも、私の味わったこの感動を味わってみませんか?

Matias Tactile Pro Keyboard

▼▽お求めは週アスストアで!▽▼

Matias Tactile Pro Keyboard 1万8900円

※商品品切れの際はご容赦ください。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking