週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

約1年間にわたるサバゲーライフを総括! 体重11.2kg減、友達も増えた!

2023年06月16日 16時00分更新

 今回がサバゲー連載10回目。最終回を迎えることになったので、今回はこれまでのサバゲーライフを総括したいと思います。

サバゲーに復活してから1年間。楽しいことばかりでした。一片の悔いなしです

「ダイエットに効く」はウソじゃない!
すんげー痩せました!

 サバゲーを始めてからすんごく痩せました。2022年5月1日の体重が110.4kg。5月29日にサバゲーに復帰して、2023年4月25日時点の体重が99.2kg。ほぼ1年間で11.2kg痩せたわけです。

 厳密に言うと月に3回のサバゲーだけで痩せたわけではなく、甘い物を控えたり、1日30分スピンバイクに乗ったりはしたのですが、食事量自体は一切減らしていません。

 サバゲーでは1日重たい銃を抱えて、フィールドを走り回るわけなので、一定のダイエット効果はあったのだと思います。

念願の100kg切りを果たしました

右がサバゲーを始めたばかりのころの筆者

かなりスマートになったと思いませんか?

サバゲーで新しい友達が増えて
古くからの友人はさらに距離が縮まった

 オッサンになると知人は増えても友達はなかなか増えないのですが、サバゲーを始めてから、友達が増えました。私はどちらかというとコミュ障にカテゴライズされるヒューマンビーイングなのですが、さすがに何回も一緒に遊べば、距離も近くなろうというものです。

 フィールドで会った知らない人とも、共通の趣味があるわけなので、結構話が盛り上がります。サバゲーは自己申告で勝敗を決める紳士のスポーツ。私がフィールドで出会った人たちは気のいい人ばかりです。

いまの仲間は古くからの知人が多いのですが、サバゲーを一緒に遊ぶようになってから距離がグッと近づいたと思います

これは記念写真。ゲーム開始前にはスタート地点に集まるのですが、始まるまでちょっと手持ち無沙汰だったりするので、そんなときに隣にいる知らない人とエアガン談義したりします

知らないうちに銃が増えました

 一方、ちょっと困ったのは、「知らない間」に銃が増えていくこと。なんかエアガンショップが勝手に銃を送りつけてきたり、ベランダに銃が落ちていたりするんですよね。なんらかの組織が暗躍しているのかもしれません。非常に困っているので、法的措置を検討しています。

 ……というのは冗談として、ほしい銃がどんどん増えていくんです。しかもすべて愛着があるので売ることができません。まあ最近のハイエンドスマホの購入金額でハンドガンだったら10丁、長物でも3~5丁ぐらいは買えるので、呆れないでいただければ幸いです。

みなさんとフィールドでお会いすることを
楽しみにしています!

 サバゲーはいろんな楽しみ方があり、また非常に奥が深い遊びです。近くで弾が当たると痛いし、数日は痕が残ったりもしますが、ゴーグルとマスク、少し厚手のグローブさえしていれば、比較的安全なスポーツだと思います。

 迷彩服に身を包んだ姿を見るとちょっと怖いと思うかもしれませんが、信頼で成り立つゲームなので本当にいい人のほうが圧倒的に多いです。ご安心ください。

 サバゲー連載は今回で終わりますが、ちょっとでも興味が湧いた方はぜひ挑戦してみてください。この記事を読んでくれた方と、フィールドで出会い、ヒリヒリとした戦いを繰り広げることを、本当に楽しみにしています。

 これまでありがとうございました!

屋外フィールドではこのような絶景に出会えることもあります

妻にサバゲー装備を塗ってもらったりしています。家族がサバゲー趣味を応援してくれているのはありがたいことです

最後までご覧いただきありがとうございます。どこかのフィールドで共に戦い、敵として相まみえることを楽しみにしています!

筆者紹介――ジャイアン鈴木
 EYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで勤務。2015年1月よりフリーの編集兼ライターとして活動を開始した。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう