週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

中国工場の暴動で:

アップル「iPhone 14 Pro」生産台数、最大600万台減少!?

2022年12月06日 16時00分更新

 中国のiPhone製造工場で労働者が暴動を起こしたことにより、2022年におけるiPhone 14 Proの生産台数が最大で600万台減少する可能性があるという。米メディアBloombergが11月28日に報じた。

 同紙は匿名の関係者からの話として、アップルの重要な製造拠点である鄭州市(ていしゅうし)の混乱により、今年のiPhone 14 Proの生産台数は600万台近く減少する可能性が高いと伝えている。

 これによりホリデーシーズンにおけるiPhone 14 Proの供給数が減るため、予約をしている人はもうしばらく待つ必要が出てくるかもしれない。

 なお、関係者によるとアップルとフォックスコンは減少した600万台の生産台数を2023年には補うことができる見込みを持っているという。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう