週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

マニアじゃないのに極小親指サイズに感動したゲーム機「Thumby」を衝動買い

2022年11月24日 12時00分更新

友人宅のBBQパーティーで実物を見て、そのウルトラコンパクトなサイズと実際の動作にハマって、翌週に衝動買いしてしまった

 元某編集長宅のBBQの席で自慢されてしまった、なんちゃってゲームボーイのようなレガシーな超小型ゲーム機にハマってしまった。ゲーム機の名前は「Thumby」(サムビー)。英語では手の親指以外の指はすべて〇△□フィンガーだが親指だけは「サム」と少しこだわりがあるようだ。

 世界初のUSBメモリーも、その昔TREKが名付けたThumbDriveというのが今も残っている。SNSのFACEBOOKで、「いいね!」を表現する親指を立てた「Thumbs-Up」も同様だ。そんな米国人のこだわりある、親指の第一関節にピッタリサイズのハンディゲーム機が「Thumby」だ。

親指の第一関節サイズ以下のThumby

 クラウドファンディングでスタートし、動画サイトやSNSであっという間に広がったThumbyを企画販売するのは、米国オハイオ州に本拠を置く「TinyCircuits」(タイニーサーキット)と呼ばれる企業だ。オープンソースエレクトロニクスをコアに、ゲーム機からIoT系のプロダクトまで多数手がけ、世界中にファンがいる。

Playable Programmable KeychainというタグワードのThumbyはTinyCircuitsの商品だ

パッケージ裏面にはThumbyのスペック概要が記載されている

 なんといっても、親指サイズのウルトラコンパクトデザインに、惹かれた人は多いだろう。筆者もその中のひとりだ。初めて見た時は、ガシャポンのジャンルの中の1つである、動作しないミニチュアカテゴリーのゲーム機モックアップかと思ってしまった。

非動作モックアップモデルのガシャポンとして売られていそうなイメージだ

 本体サイズは29.5×18×8.5mm、重さ4.8g(実測)。Raspberry Pi Pico RP2040 プロセッサーを採用し、メモリー容量は2MBだ。72×40ドットのモノクロOLEDディスプレーを搭載。内蔵電池は、容量40mAhのRechargeable LiPo Batteryで、最大で2時間くらいゲームで遊ぶことができる。

29.5×18×8.5mm、重さ4.8g(実測)は、ポケットに入れていることを忘れて洗濯してしまいそうだ。本体上下にmicroUSBポートと電源オン/オフスイッチがある。キーチェインも付属する。充電ケーブルと比較するとThumbyは驚くほど小さい

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう