週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

iOS 16.1でバッテリー残量の表示が変更 電池アイコンがちゃんと減るように

2022年10月25日 08時30分更新

 25日に配信が開始された「iOS 16.1」。このバージョンでは、iCloud共有写真ライブラリなどの新機能に加えて、バッテリー残量表示も改善されている。

Face IDのiPhoneではグラフィックのみとなった電池残量
iOS 16で電池アイコン内に数字が表示されるもまだ不満あり

 ステータスバーでのバッテリー残量だが、Face IDが搭載されたiPhoneではグラフィックでの表示のみになり、残りパーセントの数字を見るなら、コントロールセンターを開く必要があった。スペース上の都合なのかもしれないが、バッテリー残量を常時気にする人にとっては、ほんのわずかにイラッとさせる仕様だったことは否めない。

これが従来型のバッテリー残量表示。ホーム画面ではグラフィックのみで細かな数字がわからず、知るためにはコントロールセンターを開くというステップが必要だった

 ところが、iOS 16では電池型アイコンの中にパーセントの数字が表示されるように進化! ただ、その代わりに電池型アイコンが常に塗りつぶし状態となり、100%のままのようでなんだか違和感があるという声がネット上で見られた。

 iOS 16.1ではこうした声を反映したのか、数字を表示させつつ、電池型アイコンのグラフィックも減る形に進化。細かな違いながら、これなら満足という人も多いのではないだろうか。

左がiOS 16、右がiOS 16.1。電池アイコンの表示も減っている

 ちなみに、iOS 16で復活した電池型アイコン内のパーセント表示だが、iPhone XR/11/12 mini/13 miniではやはりスペースの問題からかiOS 15以前の表示が継続されていた。しかし、こちらもiOS 16.1で他のモデルと同様に、グラフィック表示+数字表示が可能になっている。

画面が小さく、それでいてノッチ部がステータスバーを大きく占めていたiPhone 12 miniでは、若干表示が詰まっている感じがある

 なお、過去の表示がいいという場合は、「設定」→「バッテリー」→「バッテリー残量(%)」をオフにすることで、以前のグラフィックのみに戻すことが可能だ。

設定をオフにすることで、元の表示にすることができる

 

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう