週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Galaxyと同じペンが使えるLAMYコラボのE Ink電子書籍リーダー

2022年08月11日 12時00分更新

LAMYのスタイラスをセットにしたタブレット

 最近のタブレットはペン入力に対応したものが増えています。Apple Pencilのように自社専用規格を採用するメーカーもありますが、サムスン電子などはワコムの電磁誘導方式(EMR)を採用しているため、他社が販売する同規格のスタイラスを使うこともできます。

GalaxyのSペンはワコムのEMR方式を採用

 大手ペンメーカーのLAMYもEMR対応のペンを出しており、サムスンも韓国などでGalaxy対応として販売しています。また海外ではこのLAMYとコラボするメーカーも登場。中国のAIや翻訳機を手掛けるiFLYTEKは電子ペーパータブレット「Smart Office X2」にLAMYモデルを登場させています。

iFLITEK Smart Office X2のLAMYモデル

 Smart Office X2は10.3型16階調表示のE Inkモノクロディスプレーを搭載、チップセットはモデル名不明の8コア2.3GHzで、メモリー2GB、ストレージ64GBという構成。4Gに対応し4200mAhのバッテリーを搭載します。本体サイズは243x173x5.8mm、380g。そしてLAMYモデルは専用のパッケージにLAMYの「AL-STAR」EMR対応スタイラスが付属、ブック型カバーもLAMYのペンが入るようにペンホルダーは太くなっています。

X2のLAMY専用パッケージ

 Smart Office X2は電子ブックリーダーとしても使えます。しかし、価格は5899元(約11万7000円)とかなり高価です。そもそもiFLYTEKはAI技術に強く、音声認識ソリューションにも力を入れています。Smart Office X2タブレットもそれらの機能を搭載しており、紙のノートを完全に置き換えるデジタルノートとしての用途に最適です。LAMYのペンを使った書き心地は良く、手書き文字をすぐさまテキストに変換してくれます。

手書き文字をすぐにテキスト化。翻訳も可能

 また本体上部には4つのマイクを搭載しており、会議中の会話をそのままテキスト化もできます。同社の電子翻訳機の性能は高い評価を受けていますが、同じ機能がSmart Office X2にも搭載されているわけです。さらにマイクは4名のスピーカーを聞き分け、個別にテキスト化もできます。

本体上部に4つのマイクを備える

 音声の翻訳は英語、日本語、韓国語、フランス語、ロシア語、スペイン語に対応しているとのこと。これも同社の翻訳機能と同等品質のものが搭載されています。手書き認識はおそらく中国語と英語だけでしょうが、ひらがなを追加してぜひとも日本語手書きにも対応してほしいもの。オフィスのスマート化製品として日本語が使えれば日本での展開も期待できるでしょう。

日本語の音声認識は対応、日本語手書きが使えるようにしてほしい

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう