週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

【実機レビュー】M2搭載MacBook Airは「Macが欲しいすべての人」にマッチする(本田雅一)

2022年07月14日 22時00分更新

トータルでのディスプレイ体験は想像以上

ディスプレイを含め体験全体が上質に

 ところでディスプレイサイズは13.3インチから13.6インチと、対角サイズでわずか0.3インチの増加にとどまっているが、少しだけ幅は広くなっている。加えて狭ベゼルでノッチ採用、メニュー分+αの縦方向の有効面積増加など、トータルでのディスプレイ体験は想像以上に上がるように感じられた。

 一般的なアプリケーションを使っている中での400nitsから500nitsへの輝度向上は、気をつけて評価しなければわからない程度だが、Apple TV+など映像作品を楽しむ際には違いを実感できるだろう。

 前述したように、外観上はどこにも音が出てくるポートが見えないデザインのスピーカーであるにもかかわらず、空間オーディオ(ドルビーアトモス)の音場再現能力は高く、いつも通りに正確な色再現やトーンカーブとともに、映像や音の体験が上質にまとめられている。

 視覚的、聴覚的な体験の演出は、内蔵プロセッサの進化とともに改善はしているものの、シャシー設計としては1世代前となるM1搭載MacBook Airや13インチMacBook Proよりも明らかに良い。

 つまり、カバンの中に入れて持ち歩く電子文房具としてのMacを求めているなら、M2を搭載する新設計のMacBook Airを選んでおいて間違いはない。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう