週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

【連載/〜のんびり備忘録2日目〜】西新宿のお花と優しいおじさま

2022年02月10日 15時00分更新

 皆さん、こんにちは!

 毎週木曜日にお届けする「学生たちの日常」では、工学院大学に通う学生たちがそれぞれの西新宿での日常をお伝えします。今週はわたくし「よっぴー(3年生建築学部建築デザイン学科)」の日常をお届けします!

 前回の記事はこちらです。
【連載】西新宿のだんごのおばあちゃんとお話してみた!vol.2

 過去の連載記事はこちら!:学生たちの日常

 この季節、皆さんは街中で咲いている花を見かけることはありますか?

 私は1月中旬西新宿を歩いているときに一輪の満開の花を見つけました。

 今回はそれに関するエピソードを皆さんにお届けしたいと思います。

 私は現在3年生の春休みを過ごしているため新宿キャンパスに行く機会が減ってきています。あと一年で卒業か、と思いながら今までのことを振り返っているときにふと授業内で出たある課題について思い出しました。

 それは植栽を学ぶ授業で出題された、身近な植物50種について図鑑を作成せよ、というものです。

 50種データを集めてまとめる作業はとても大変でしたが、キャンパスのある西新宿は緑が多いためとてもデータ集めが捗りました。

 課題をやった時期は夏でしたので、みんな青々としていました。あの時まとめた植物たち、今はどんな姿をしているだろう、葉が全部落ちているかな、花が咲いているものはあるかなと気になり始めました。これは一回見に行ってみようと思いいざ、西新宿へ。

 葉がついている状態や枯れている状態は想像ができるので、私がまとめた植物の中でこの時期に花が咲くものをピックアップして見に行ったのですが、残念ながら咲いているものはありませんでした。

 唯一、ヒイラギナンテンに蕾がついているのを確認できたのでもう少しあとだったら花を見ることができたかもしれません。

 中央通り工学院大学前の位置に何株かあるので気になる方はぜひ(赤塗り部分)。

 やっぱりこの時期に咲いている花を見つけるのはなかなか難しいですね。

 もう帰ろうと思った時に見つけたのが冒頭の写真にある白い花でした。

 こちらは中央通り新宿センタービル前の生垣(赤塗り部分)。

 お花あるじゃん!と一気に私のテンションは上がりました。

 どんな向きが一番綺麗に写真に撮れるかと思いながらしばらくカメラを向けていました。

 すると目の前でこれから出勤する様子の男性がタクシーから降りてきて、何しているんだと言わんばかりの目で見てきました。

 街路樹を真剣に撮る人はあまりいないですから、真面目に撮っている姿を見られて一瞬恥ずかしく思いました。

 しかしそんな思いはすぐなくなりました。

 その方は「何撮っているの? おお、綺麗な花だね、毎日通っているけど全く気づかなかったなあ」とおっしゃって興味を持ってくださったのです。

 まさかビルばかりの西新宿で、花の綺麗さに共感してくれる人と偶然に出会えるとは思っていないので驚きましたが、このような会話ができて楽しかったです。

 住宅街と違ってオフィス街は人間関係が希薄になりがちで、お互いのことに興味を持つ人は多くないのではと思っています。そのような感覚でいるため、今回初対面の方とほのぼのとした会話をして温かい気持ちになり、西新宿はいい街だなと、さらに好きという気持ちに拍車がかかりました。

 その方はすぐ仕事に向かってしまいましたが、雰囲気や口調に優しい感じが出ていて、「おじさま」という印象を私に残しました。同じ西新宿にいるということは、いつかまた顔を合わせることができるでしょうか。

 たったの1~2分の出来事でしたが花をきっかけに素敵な出会いを経験することができました。

 これが一輪の花とおじさまとのエピソードです。

 いかがでしたでしょうか。私は今でもこの時のことを思い出すと温かい気持ちになります。

 この記事を読んでくださった皆様にも素敵な出会いがありますように。

文/よっぴー

2000年生まれ。工学院大学建築学部建築デザイン学科。神奈川県出身。新宿駅自体は身近な存在だったが、西新宿には大学生になってから触れ始める。趣味は音楽、カフェ。大好きなものはプリン。学生の日常をのんびりとお届けします♪

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう