週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

加速が気持ちイイ! ミッドシップに生まれ変わったスーパースポーツ新型「コルベット」

2022年01月10日 15時00分更新

シボレー「コルベット クーペ 3LT」

 今回、当連載でレビューするクルマはシボレー「コルベット クーペ 3LT」である。これまでかたくなに左ハンドルにこだわり、自然吸気の大排気量FRモデルとしてシボレーの象徴として君臨するクルマだ。実は、筆者のプライベートも含めた試乗歴の中で、アメリカのクルマ、いわゆるアメ車は初だったりする。

 アメ車に対するイメージというと、デカイ、大排気量、燃費悪い、壊れやすいみたいな、ネガティブなイメージがあった筆者だが、この新型コルベットに乗って、印象がガラっと変わったことを最初に報告しておく。

アメリカの象徴とも言えるV8 OHVエンジン

アメリカの伝統と象徴
それがシボレー・コルベット

 さて、コルベットと言えば非常に歴史の長いモデルだ。初代C1型が登場したのが1954年。元々はヨーロッパのスポーツカーに感化されて作られたという。シボレー初の2シーターオープンスポーツカーとして誕生し、ロングノーズショートデッキのFRレイアウト、大排気量のV8OHVエンジンという特徴は初代からの伝統(初代には直6もあった)。そして、フラッグシップカーらしくこのC1をベースにしたレーシングカーも制作された。

 その後、モデルチェンジを繰り返し、C2からC7型まで作られた。一貫してノンターボ、大排気量(最大7000cc)のV8エンジン、FRレイアウトという伝統は守られてきたが、C6型ではリトラクタブルライトが廃止された。90年代後半から2000年代前半は日本も含め、安全基準のために世界中のクルマからリトラクタブルライトが消えていった時期だから仕方のないことだが。また、C7型では丸いリアランプが四角に変更されている。

 このように、時代に合わせたマイナーチェンジはあったものの、基本的な設計はC1型からC7型まで一環していたコルベット。2019年、最新のC8型になって、ついに伝統が破られたのである。それが、駆動方式がFR(フロントエンジン、リアドライブ)からMR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)になったことだ。理由は諸説あるがやはりレースの影響が大きいのは間違い。レースの主戦場である海外(主にヨーロッパ)のレースでは、速いクルマは総じてMRレイアウトだ。フェラーリしかりランボルギーニしかり。RR(リアエンジン・リアドライブ)の伝統を守っているポルシェだって、レーシングカーはMRを採用しているのだ。レースに勝ってブランド力を上げてきたコルベットが、レースに勝つために伝統を変えることは不思議なことではない(それでも驚いたが)。

フロント

リア

フロントタイヤ

リアタイヤ

コルベットのエンブレム

日本ではその名前が使えないが、スティングレー(エイ)のエンブレムはリアにある

 FRだと重量物がフロント側に偏るため、フロントヘビーになり前輪の消耗も激しい。だがMRならクルマのパーツの中で一番重たいエンジンが車体中心近く(シートの裏側、後輪の前あたり)に搭載されるため、前後の重量バランスにすぐれ、後輪にもトラクションがかかりやすくなるし、フルブレーキング時のノーズダイブ(前につんのめる感じ)が軽減されタイヤにも優しいとメリットが多いのだ。

 そしてもうひとつ、日本仕様では大きな変更があった。それは右ハンドルが設定されたこと。というか、日本モデルはすべて右ハンドルになった。これもある意味伝統なのかローカライズしてなかっただけなのかはわからないが、頑なに左ハンドルのまま日本で売っていた。シボレー(GM)の戦略により、新型のC8コルベットから右ハンドルの国には右ハンドルが設定されるようになったとのこと。日本では左ハンドルにちょっとした抵抗がある人も多いと思うので、これはうれしい変更だ。

右ハンドルの車内の様子。すべてがドライバーファーストになっていることがわかる。ステアリングの形状もレーシングカーのようだ

前モデルを踏襲しているヘッドライト

曲線を多用していた前モデルに比べ、直線的なデザインになった

リアにはコルベットのロゴがある

 なお、アメリカでは「コルベット スティングレー」という名前で販売されている。C2型で初登場したスティングレーの名がつけられているのだが、日本ではなぜ外されたのか? 実はすでに国産車が商標登録していたので、使えなかったという……。どのメーカーのどのクルマかは伏せておこう。だが、スティングレー(エイ)のエンブレムは残されている。

テールランプはシャープになった

ドアからリアにかけて大きなエアダクトを装備する

リアウィングの形状は独特

給油口。もちろんハイオク専用だ

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう