週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Widevine L1対応の2Kディスプレーを搭載した低価格タブレットがBlackviewから

2021年12月07日 12時00分更新

 コンパクトサイズで使いやすいアップルの「iPad mini」の最新モデルや、シャオミの「Xiaomi Pad 5」など2021年はタブレットにも面白い製品が出てきました。しかし大手メーカー以外からも面白い製品が出てきています。高解像度なディスプレーを搭載し、さらに別売キーボードをつければノートPCのようにも使える「Blaciview Tab11」はちょっと気になる製品です。

キーボードの装着も可能な「Blackview Tab 11」

 中堅メーカーのタブレットは複数メーカーから1万円台の製品が販売されていますが、最近では性能を高めた製品も増えています。Blackview Tab 11は10.36型(2000x1200ドット)ディスプレーを搭載し、Widevine L1対応でストリーミングビデオのHD画質再生にも対応。メディアプレーヤーとしてもしっかり使える製品です。

メディアプレーヤーとしても十分使える高性能なディスプレーを搭載

 チップセットはUNISOCのT618を搭載。最近同チップ搭載のタブレットが数多く出てきていますが、コスパの高さからメーカー側の採用が進んでいるのでしょう。UNISOCは旧Spreadtramと聞けば中華格安タブレットに搭載されていたチップセットとして知っている人もいるかもしれません。T618のベンチマークはメーカーによるとAnTuTuスコア224938ということで、ミドルレンジ級。一般的な使い方であればそれなりに動いてくれるでしょう。

AnTuTuスコアは2万台、Snapdragonで言えば480あたりの性能か

 メモリー容量は8GB、ストレージは128GBとこちらも余裕ある設計。4GのデュアルSIMにも対応し、カードスロットはnano SIM 2枚または1枚をマイクロSDとするよくある設計。

4GデュアルSIM対応でどこでもネットにつながる

 本体はアルミ合金製で高級感ある仕上げ。最薄部は8.6mmと薄く、重量は460g。このボディーなら6580mAhバッテリーとデュアルスピーカーを余裕をもって搭載できるわけです。中堅メーカーの製品ですが完成度は高く、メインタブレットとしても使えそう。なおビデオ再生は5.5時間、音楽再生は30時間、ゲーム6時間、ブラウジング10時間と長時間利用も可能。最大待ち受け時間は672時間とのこと。

ボディー設計も悪くない

 さて最近のタブレットはエンタメ用途だけではなくビジネスユースにも使われます。Blackview Tab 11はメイン1300万画素、フロント800万画素カメラを搭載。タブレットで写真を撮ることはあまりないでしょうからメインカメラ画質はそれなりとして、フロントカメラはビデオ会議などでよく使われます。200万画素や500万画素フロントカメラを搭載するタブレットが多い中で、Blackview Tab 11は800万画素フロントカメラ。ビジネスユースに優位な性能と言えます。

ビデオ会議時に使える800万画素フロントカメラを搭載

 さらには本体にある専用5ピン端子を使って、マグネット脱着式のキーボードも装着できます。Bluetoothタイプと違ってワンタッチで使えますし、カバー方式ではないので脱着もワンタッチ。そういえばXiaomi Pad 5はスタイラスペンは発売されていますが、類似のキーボードは中国以外の国では未発売。ビジネスにタブレットを使うならキーボードはあれば便利ですから、Blackview Tab 11はXiaomi Pad 5よりもビジネスよりの製品と言えそうです。

キーボードはマグネットで装着するタイプ

 気になる価格ですがBlackviewは随時キャンペーンを行っており、たとえば2021年12月6日からはTab 11本体が169.99ドルと1万円台で購入できます。詳細な情報はBlackviewの公式ストア(下記)などから確認してみてください。

■関連サイト

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう