週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

【連載/~空き活‼(工学院学生の空きコマ活動)~vol.1】最近のティーンミュージックは「chill」がブーム

2021年12月02日 12時00分更新

 皆さん、こんにちは!

 毎週木曜日にお届けする「学生たちの日常」では、工学院大学に通う学生たちが過ごす、西新宿でのそれぞれの日常をお伝えします。

 今週は、私「かっちゃん」(3年生/建築学部・まちづくり学科)が、授業(コマ)の空いた時間帯(通称「空き活!!」)で気付いた、ささやかな日常をお届けします!

 私は現在、調布市在住で新宿に行くまで約20分と、かなり利便性の高い場所に住んでいます。

 電車に乗るとほとんどの若者はイヤホンを付けていますよね! 私もその1人でもうイヤホンがないと生きていけないレベルです…(恥)。

 でも皆さん気になるんじゃないんですか?

 「最近の若者は何ば聞くとかい!」と。

 (ふと何かを思った時などには、つい地元の言葉が出てきます)

 先日、熊本の実家に帰省した際に母が車で槇原敬之や長渕剛を流していました。そこで母は「これ若い時の思い出の曲とたいね〜」と歌いながら言ってました。それに私はなんともいえないエモさを感じました! 母が私と同じ年くらいの時に聞いてたであろう曲を一緒に聞き、車の中は80年代の曲と時間が流れているのに、周りの風景はその40年後の景色という… 時代を超えた感じに感情をくすぐられました。

 話を戻します! 今、若者の中では「chill out」といったジャンルが流行してます! ゆっくりとしたテンポで落ち着いたリズムの曲の総称でCity popやR&Bの分類が入ってきます。

 私はこのチルい曲に絶賛ハマってまして、調布駅から大学までの移動時間や、新宿中央公園でのんびりする時、友人と飲みに行った帰り道などいたる所で聞いています!

 そこでこの曲を幅広い年代の方にも知ってもらいたく3曲ほど紹介させていただきます。

 1曲目はiri(イリ)さんの「渦」です。iriさんは国際ファッション専門職大学やソニーのワイヤレスヘッドホンWF-H800のCMで聞いたことがある方も多いのでは、と思います。私は最近、iriさんの曲を永遠とリピートしてます!

 2曲目はtofubeats(トーフビーツ)さんの「CITY2CITY」です。tofubeatsさんは、私が高校2・3年生の頃からずっと聞いてます! とにかくサウンドがオシャレで心地いい。なぜか夜に聞きたくなるので、夜はいつもこの曲を聴きながら帰っています。

 3曲目はtonun(トヌン)さんの「d.s.m」です。tonunさんは現在私が1番ハマってるアーティストです。まだそれほど知られてはおりませんので、初めて名前を聞く方もいると思います。私は近いうちにtonunブームが来ると密かに信じています!

 西新宿には「新宿中央公園」という大きな“チルスポット”があり、ここ2年ほどでかなり整備が行われました。公園内にはいたるところに自然があふれていて、ゆったりとした時間を過ごすことができます。平日や週末、お昼の休憩時や夜など、チルスポットでチルい音楽を聴きながら、まったり過ごしてみるのはいかがでしょうか?

では、また来月!

■かっちゃん的“チルい曲”3選
・iri 「渦」
 https://www.youtube.com/watch?v=SvA1yhYlXek

・tofubeats -CITY2CITY
 https://www.youtube.com/watch?v=OOHq92yELeQ

・tonun -d.s.m(Lyrics)
 https://www.youtube.com/watch?v=Yy9wCdhGZy4

文/かっちゃん
2000年生まれ。工学院大学建築学部・まちづくり学科。まち開発プロジェクト-Smart Tech- 代表。熊本県出身熊本県育ち。趣味は温泉巡り、サウナ。最近の口癖は「ええなあ」リアルな現代学生の日常をお届けします!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう