週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

新型MacBook Proで歓迎したいのはインターフェースの大・復・活!

2021年10月19日 13時00分更新

 新しいMacBook Proが発売されましたね! 新プロセッサーであるM1 Pro、M1 Maxがいったいどれだけのパフォーマンスを発揮するのかベンチマークで検証するのが楽しみですが、それ以上に個人的にちょっと複雑な思いを抱きつつ、それでも歓迎したいのがインターフェースの大・復・活!

 しばらくThunderboltとヘッドフォンジャックだけだったのが、俺たちのHDMIとMagSafe(3ですけど)、そしてSDカードスロットが帰ってきました。

HDMI、MagSafe 3、SDXCカードスロットが復活!

 USB Type-AもUSBメモリー用に1個ぐらいほしかったですけども、いずれにしてもハブとオサラバできるのがうれしいです。

 さて、個人的にはMagSafe 3対応という噂を事前に聞いていて、MagSafe 3だけでしか充電できなかったらイヤだなーと思っていましたが、Thunderbolt 4でも充電できるとのことで一安心。また、Thunderbolt 4が左右側面に用意されていてさらに一安心でした。

 というわけで今回はインターフェースネタに絞って書かせていただきましたが、冒頭で書いたとおり、もちろんM1 Pro、M1 Maxのパフォーマンスにも非常に期待しています。M1の時点でCore i9搭載MacBook Proを上回る処理性能を発揮していたのですから、M1 Pro、M1 Maxの実効速度は空恐ろしいことになるでしょう。ACアダプターでもバッテリー駆動でもハイパワーを発揮する点もグッドです。

「電源に接続中でもそうでもなくても、超高速パフォーマンスの恩恵を受けられます」とのこと

 発表会中の動画で「とんでもないものを生み出してしまった」とSF映画でよく見かけるセリフが登場して、思わず「スカイネット?」と独り言ちたのですが、冗談はさておきクリエイティブ系アプリがどのくらいブーストされるのか楽しみです。あ、あと、GPU性能が特に向上しているので、M1 Pro、M1 Max用のパワーを引き出したゲームも発売されてほしいですねえ。

 いずれにしてもM1搭載MacBook Proはもうすでに普通に使えているので、M1 Pro、M1 Max搭載新MacBook Proはあまりにもあっさりとクリエイティブの現場に投入でき、ハイパフォーマンスを存分に発揮するであろうハイパーマシンだと思います。

「怪物」とか「とんでもないもの」とか、アップルさんの表現がちょっとインフレ化していますね

物欲に任せてガジェットを買いまくるジャイアン鈴木氏。今回もすでにポチっている

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう