週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

アリババが日本展開予定の映像処理IoTプラットホーム「Link Visual」に迫る【11/19無料配信セッション】

2021年10月27日 11時00分更新

 アスキーは2021年11月19日(金)、IoT/ハードウェアビジネスの体験展示・カンファレンスイベント「IoT H/W BIZ DAY 2021 by ASCII STARTUP」を、オンラインにて開催。IoT、ハードウェアビジネスのトレンドがわかる、各セッションの観覧者をただいま募集しています。

 11時からは、スマートスピーカー・対話ロボ・防犯カメラなどの各種サービスを支える、アリババクラウドの特別セッション「千万単位でのカメラ映像を簡単に処理するアリババクラウドのIoTプラットホーム」を配信します。

■■イベントレジストでお申し込みはこちら■■

■■Peatixでのお申し込みはこちら■■

セッション内容
 スマートスピーカー・対話ロボ・防犯カメラなどの各種サービスを支えるアリババクラウドの映像処理IoTプラットホーム「Link Visual」。中国ではすでに数千万台規模でのカメラへの接続実績があり、 あるパートナーは1分間で1千台の販売実績も持つという。 日本でも2022年1月より展開する本サービスについて、中国はもちろん、 グローバルでのカメラを利用したサービスを簡単に展開可能となるその詳細をお届けする。

登壇者

アリババクラウド・ジャパンサービス株式会社
シニアソリューションアーキテクト
薛東明氏

中国吉林省生まれ。 上海の大学・東京の大学院で電子情報工学を専攻 日本通信キャリア、中国通信機器メーカを経て、 アリババクラウドに入社 チップセット、端末、無線通信、IoTプラットホーム等の研究開発、マーケティング、ソリューションセールスの経験を積んでいます。

『IoT H/W BIZ DAY 2021 by ASCII STARTUP』

■⽇時:2021年11⽉19⽇(⾦) 9時開始、19時終了予定
■内容:複数のセッション実施、ピッチイベント、交流会(参加申し込み先着300名限定)他
※詳細は、決定次第改めて発表致します。
■主催:ASCII STARTUP
■協賛:アリババクラウド・ジャパン、IoT Maker's Project、SEMIジャパン
■協力:オープンイノベーション・ベンチャー創造協議会(JOIC)、IP BASE、ものづくり創造拠点 SENTAN、京都リサーチパーク、Monozukuri Ventures
■公式サイト:https://iot-ascii.com/

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう