週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

千葉にポルシェのサーキットができたので台風だけど走りに行った

2021年10月10日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●寺坂ユミ(@129Ym_afilia)編集●ASCII

ポルシェの横でガッツボーズするゆみちぃ部長

 千葉県木更津市に世界で9番目となるブランド体験施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」が10月1日オープンしました。「ポルシェが運転できるんですか? 行きます!」と悪魔の誘いに乗ってしまった、アイドルユニット「純情のアフィリア」の組長(ユミ長)にして、ASCII.jp自動車部のゆみちぃ部長でもある寺坂ユミさん。はたしてどんな施設なのか? そしてポルシェは運転できたのか? レポートします!

日本で初めて海外メーカー名が通りの名前に!
ポルシェを全方位から体験できる施設が誕生!

ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京(写真は晴れている時)

ポルシェがズラリ!

 ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京は、ドライビングコースのほか、レストラン、ショップを併設した会員制のドライビング体験施設です。と書くと「ポルシェを所有する富裕層向けサービス」「ポルシェを持ってないオレには関係のない話」と思われることでしょう。ゆみちぃ部長も同行した部員S、部員Kもそう思っていました。ですが、これは間違い。ここはポルシェオーナーでなくてもポルシェでサーキットを思いっきり走ることができるのです! 逆に自身が所有するポルシェを走らせることはできません。つまりポルシェ・エクスペリエンスセンター東京は、ポルシェが運営する「ポルシェを使った運転技術養成所」なのです。レンタル料などは後述します。

近隣道路にはポルシェ通りの名が!

 場所は館山自動車道の木更津北ICを降りて、田園風景が広がるなかを約10分走行したところにあります。近くの道路には「ポルシェ通り」と名付けられ、木更津市とポルシェとの関係の高さをうかがわせます。

ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京の空撮写真

 施設は山の斜面を活かした全長2.1kmの「ハンドリングトラック」を中心とする6つのコースに、プロ選手が使うものと同等のレーシングシミュレーター、カフェ、レストランなど、ポルシェを五感で体験できるというもの。ちなみにディーラー(販売店)ではないので、勧誘を受けることもありませんし、気に入ったからと購入することもできません。

アイドル、ポルシェに乗る

 ところで「何でゆみちぃ部長がポルシェに乗るの?」という疑問を懐かれた貴方はASCII.jp掲載のほか記事も読まれている素敵な読者様。ですが実はゆみちぃ部長、ポルシェに縁がないわけではないのです。さかのぼること今年7月のこと。都内でポルシェの純EV車「タイカン クロスツーリスモ」のジャパンプレミアが行なわれたのですが、ゆみちぃ部長は部員Sに拉致られ記者として参加していたのです。

ポルシェ タイカン クロスツーリスモ

 綺麗な車体にゆみちぃ部長は、ときめきメモリアル。手持ちのスマホで色々な場所を撮ったり、自撮りしたり。そしてよせばいいのにASCII.jpのクルマ取材後にいつもやっている「納車しました。」ツイートをかましてしまったのです。

 このツイートを見つけたポルシェジャパンの「中の人」は、すかさず反応。なんとゆみちぃ部長のツイートに「いいね」をしたばかりか、フォローしたではありませんか!

ポルシェジャパンのフォロー中のところに、ゆみちぃの名が!

 通知を受けたゆみちぃ部長。「や、ヤバいっす。自動車メーカーから初めてフォローされたっす。しかもそれがポルシェ……」とドキドキしっぱなし。こうして“貴方がいいねと言ったから、7月29日はポルシェ記念日”となったのでした。

サーキット取材なのに台風直撃の悲劇

到着したゆみちぃ部長

 「当日はサーキット走行をするから、肌が露出しない格好で来てね」という部員Kの言い付けをきちんと守ったゆみちぃ部長。というのも、サーキット走行は危険で、万が一のことがあったら大変だから長袖長ズボン、スニーカーはお約束です。が、運営事務局から参加者に対し木更津市副市長が来るからカジュアルフォーマルでというドレスコードに関するメールが届きました。なのですが、手違いでゆみちぃ部長には伝わらず。何も知らず集合場所にダンスレッスン時などに着用するジャージ姿での登場したゆみちぃ部長の姿を見た部員Kは「その姿はマズいっスよ」の一言と、その理由に普段胆が据わっているゆみちぃ部長も「え……どうしましょう」と、テンションダダ下がり。

 さらにテンションがダダ下げたのが、台風直撃による暴風雨。東京湾アクアラインは通行止めとなり、都内から湾岸線でぐるりと行くわけですが、あまりの雨で前が見えないほど。普段は後部座席でマネージャーの隣に座り、最近のでき事を喋り倒すゆみちぃ部長なのですが、ドレスコードと大雨により「あの、今日中止になりませんか?」と言い出す始末。道中の車内は、重く淀んだ空気が流れます。

トヨタと激闘を繰り広げたマシンとゆみちぃ

 会場にはポルシェがいっぱい夢いっぱい。その中で「何ですか? このクルマ」と部長が指を差したのは、ポルシェが2014~2017年にかけてFIA世界耐久選手権 (WEC) で使用したプロトタイプカー、919ハイブリッド。2016年のル・マン24時間レースでトヨタとの死闘を演じたのは、あまりに有名な話です。この919ハイブリッドをはじめ、他にもポルシェがいっぱい。これには部長もテンション爆上がり! それでは部長とともに、施設内を回りましょう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう