週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

アークシステムワークス、TGS2021にて『くにおくんの三国志だよ全員集合!』など多数の情報を配信

2021年10月03日 16時10分更新

文● ジサトラハッチ 編集●ASCII

 10月3日、東京ゲームショウ2021の公式生放送の「アークシステムワークス TGS特番!」が配信された。本放送では、ゲストとしてホロライブ所属の戌神ころねさん、さくらみこさんが出演。

ゲストとしてホロライブ所属の戌神ころねさん、さくらみこさんが登場

 35周年を迎えた「くにおくん」シリーズの最新作『くにおくんの三国志だよ全員集合!』、『熱血硬派くにおくん外伝 リバーシティガールズ2』の情報などが公開された。

「くにおくん」シリーズらしさが活きた
三国志の世界を堪能できる新作

 まず紹介されたのは、『くにおくんの三国志だよ全員集合!』。本作は、「くにおくん」シリーズの各キャラクターが三国志の武将となって、三国志の世界を駆け巡る。

 本作では、三国志の有名武将が「くにおくん」のキャラクターに置き換えられているので、三国志を知らない人でも安心して楽しめるとのこと。キャラクターの性格やエピソードを考慮して配役しているため、「くにおくん」と三国志の両方が理解できるという。

 本作では「黄巾の乱」から「赤壁の戦い」までをコミカルに描く全6章のストーリーが楽しめる。各章では、クエスト型のストーリーをクリアして、章の最後に待つボスを倒す仕様になっている。また、サブクエストやストーリー分岐もある。

 広大な三国志の世界は3Dで描かれ、キャラクターたちはシリーズを踏襲してドット絵で描かれている。屋根を上ったり、落ちている物を拾ったりといった従来どおりのアクションも健在とのこと。

 さらに本作では、カンフー風のオリジナルのド派手な必殺技や画面全体に影響するド派手な「計略」が10種類ある。

 登場キャラクターも多数登場。今回紹介されたキャラクターよりも多い武将も出てくるとのこと。

 本作のストーリーモードでは、2人協力プレイができ、オンラインプレイも可能。最大4人でワイワイ遊べるモードもあるが、詳細は続報にて紹介されるとのこと。

 ゲーム紹介の後は、ゲストの2人が協力プレイを実施。

三国志の世界が3Dで表現され、そこに2Dのキャラクターが融合

お店で食事を取ると、体力回復だけでなく、キック力が上がるなど能力上昇がある場合も

無邪気に遊ぶ戌神ころねさんが、町にいる身分の高い人になんとなく攻撃したら、一斉に役人が来て即倒されてお金を取られたうえ、最初の地点に戻された。こういった細かい仕掛けも面白い

武器を持って殴ったり、投げたり、多数の必殺技が使えるなど、「くにおくん」シリーズならではの要素がふんだんに盛り込まれている

プレイヤー1は計略が発動可能

ド派手な演出の後

敵に火の矢が降りかかった

体験プレイの最後は、「桃園の誓い」にてボス戦となる形で戦闘。このように三国志のストーリーもきちんと再現され、強敵が登場するイベント戦闘もあるとのこと

 今回の体験プレイの様子は、TGS放送用にカットした部分もあるため、今後アークシステムワークスの公式放送で完全版を放送予定とのこと。

本作はNintendo Switch版が12月に配信予定。PlayStation 4版とSteam版は2022年配信予定

公式サイトは2021年10月4日にオープン予定とのこと

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう