週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ガジェオタとしてはiPhone 13のシネマティックモードが気になる【君国泰将】

2021年09月16日 14時00分更新

 9月14日(現地時間)に発表された「iPhone 13」シリーズについて、アスキーの執筆陣に想いを聞きました。

 ソニー好きライター君国氏はiPhone 13のどこが魅力的に映ったのか!?


デザインは変わらなかったけど
動画機能「シネマティックモード」が魅力

 毎年恒例のiPhoneのモデルチェンジ、今年はiPhone 13/13 miniと、iPhone 13 Pro/13 Pro Maxの新モデルが登場しました。

 外観については、見た瞬間どこが変わったのかわかりませんでしたが、ノッチが少し小さくなったようです。今やディスプレーの中にインカメラや指紋センサーが埋め込まれている端末が出てきてるので、正直なところ、それくらいはやってくるだろうと思っていました。そして今度こそUSB Type-Cになると思っていたのにLightningを継続……。

 iPadにあるTouch ID(指紋認証)は今回も見送られました。Face IDは便利ですけど、外出時にマスクすることが多いiPhoneだけにTouch IDもできれば欲しかった。むしろ家での運用が中心になるiPadがFace IDでよかったんじゃないかと。

 デザイン面を見ると、iPhoneならではの外観が変わらないことでアクセサリーが共用できるというエコシステムは理解できるのですが、こうした部分はどうしても真っ先に気になるところ。ユーザーの声を何でも反映してほしいとは思いませんが、Appleの新モデルは何かしらの方向性を持って進化をみせてくれるのではないかと期待しているだけに、依然として変化なくとどまっているのはちょっとモヤモヤします。

 とはいえ、SoCがA15 Bionicを搭載してよりパワーアップ、ディスプレーは最大120Hzまで可変駆動するProMotion対応など、機能的に進化した部分も多くあります。

 また、カメラ機能についてもiPhone 12 Pro Maxにしか採用されていなかったセンサーごと動かすセンサーシフトによる手ブレ補正が全モデルの広角レンズに採用され、画素サイズも大型化。iPhone 13 Pro/13 Pro Maxの望遠レンズは光学3倍、超広角レンズはF1.8やマクロ撮影できたりと、カメラ的な使い勝手がよくなっているのも魅力的です。

 被写界深度の浅い映像やフォーカス送りなどの動画撮影は、新たに「シネマティックモード」が備わっているあたりも使いたくなる機能。個人的な不満はいくつかありますが、現在所有しているのがiPhone 12 miniなので、新鮮な気持ちでiPhone 13 Proあたりを買います。ガジェオタですからね。

 ちなみに、なかなかモデルチェンジしなかった「iPad mini」も久々の新モデル登場。こちらも最新A15 Bionicに狭額縁で画面大型化、TouchIDを備えて、第2世代Apple Pencilに対応、端子はLightningではなくUSB Type-Cとか、魅力モリモリ過ぎて発表内容みた早朝に即ポチしました。Apple Watch Series 7は……、wena3のバンド部と合体させたいという理由だけでほしいです。えぇガジェオタですから!

基本的にソニーが大好きな君国泰将氏

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう