週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

【連載】「『栄区』の魅力を感じるスイーツプレート」

2021年09月15日 10時00分更新

 皆さん、こんにちは! 横浜市役所レストラン「TSUBAKI食堂」オーナーシェフの椿 直樹です。今回もご覧いただきありがとうございます!

 前回の記事はこちら。

【連載】「『幻のナシ』浜なしを使ったローストビーフ『栄区丼』」

※過去の連載記事はこちら:横浜18区の人とまちがつながる TSUBAKI食堂 18区丼ものがたり

 横浜18区丼7ヵ月目の「栄区」。9月16日から30日まで召し上がっていただける後半は、いよいよ「浜なし」「浜ぶどう」を使用したスイーツプレートを提供いたします。前半に引き続き、上郷町の「森果樹園」さんより仕入れさせていただきます。

 1品目は「浜なしのヨーグルトムース」。

 甘酸っぱいヨーグルトムースの上に、浜なしそのものの甘味を感じていただけるよう、余計な糖分を加えていないピュレをのせ、浜なしのコンポートの角切りをトッピングしています。

 2品目は「浜なしのタルト」。

 洋梨をイメージし、糖分を抑えたコンポートをタルト、アーモンド生地にのせ、オーブンで香ばしく焼き上げます。

 3品目は「浜ぶどう”伊豆錦(いずにしき)”のフリット」。

 浜ぶどうの皮・実を刻み、フリットの衣に混ぜ込み、カラッと揚げちゃいます。冷たいミルクアイスを添えますので、ご一緒に召し上がってください。

 4品目は「シャインマスカットのミニパフェ」。

 希少の中の希少! シャインマスカット登場!!  「TSUBAKI食堂」のお客様にどうしても森さんのマスカットを召し上がっていただきたく、以前から一定量を予約させていただいていました。マスカットのゼリー、グラノーラ、ミルクアイス、ヨーグルト、サクサクパイ生地、小松菜ケーキ(戸塚区「こまちカフェ」さんより仕入れ)、そしてそしてシャインマスカット!! 説明不要ですね。ぜひ食べてほしいです!!

 以上のメニュー、もちろん単品でもご注文いただけますが、2品以上ご注文をいただけると、なんと! 「石井造園株式会社」さんのオリジナルプレートに盛り付けて提供いたします。

 「石井造園」さんは栄区の地域を本当に大切にされていて、栄区に必要とされている企業さんです。社長は石井直樹さん。私と名前が一緒で、直ちゃんと呼ばれています。以前よりお世話になっていて、今回の連携はとても楽しみにしていました。

 こちらのプレート、本来なら廃棄してしまう伐採材をお店で使えるように加工していただきました。こういう発想は本当に素敵ですよね。うちのような小さな飲食店の要望にまでお応えいただき、石井社長には心から感謝しています。

 このプレートの存在感、手触りなど、とても安心感を与えてくれます。ぜひ皆さんにも手にとったり、見ていただきたいので、こちらのメニューを2品以上ご注文くださいね(笑)

 当初、果樹をテーマに「丼」を表現するのはかなりハードルが高そうに感じていましたが、皆さん本当に喜んでいただけているようでホッとしています。

 たくさんの方に召し上がっていただき、「栄区」の魅力を感じていただけたらと思います。

 今回も最後まで目を通していただき、ありがとうございました。次回10月は「青葉区」です。「青葉区」ではお料理はもちろん、皆さんにさらに楽しんでいただける仕掛けもありますので、楽しみにしていて下さい。

TSUBAKI食堂公式SNS
Instagram https://www.instagram.com/tsubaki_shokudou
Facebook  https://www.facebook.com/tsubaki.ygc
LINE         https://lin.ee/6a7fQzb
YouTube   https://www.youtube.com/channel/UCpbq3xfWlE4JMCw_7Qw-Uyw

 LINE公式アカウントはじめました!友だち募集中です!!

文/椿 直樹  

1967年生まれ。横浜野菜の魅力を広く伝えるため2003年「横浜野菜推進委員会」を設立。その取り組みが評価され2009年、神奈川県で初めて農林水産省「地産地消の仕事人」に認定される。好きな野菜は白菜、苦手な野菜はたくさん(笑)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう