週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ゆみちぃのMINIミニ大作戦

306馬力でも豪雨の中で安心して走れる「MINI ジョン・クーパー・ワークス クラブマン」

2021年09月11日 12時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●寺坂ユミ(@129Ym_afilia)編集●ASCII

スポーツモデルならではのハイスペック

エンジンフードを開けたゆみちぃ部長

306馬力を発するジョン・クーパー・ワークス クラブマンのエンジン

 そんな便利で快適なクラブマンに強心臓を与えて、走りも楽しみましょうというのが、このジョン・クーパー・ワークス クラブマンというモデルです。2リッター直列4気筒 ツインパワー・ターボ・エンジンは、なんと最高出力306馬力/最大トルク450Nm! この306馬力はMINIの全ラインアップの中で最強を誇るばかりか、Cセグメント・ハッチバックのルノー「メガーヌR.S.」やHonda「シビック TYPE R」とあまり変わらないスペックだったりします。

四輪駆動システムALL 4を搭載!

 これに8速ATと四輪駆動システムのALL4を組み合わせて地面。足回りも強化され、車高を10mm落としたスポーツサスペンション、ブレーキは4ポットのキャリパーを採用するなど、パワートレインに見合う装備がおごられています。

フロントタイヤ。ブレーキディスクはベンチレーテッド

リアタイヤ。ブレーキディスクはソリッド。タイヤはみんな大好きミシュランのパイロットスポーツ。18インチの40扁平というペッタンコタイヤです

 そんな強心臓を目の前にし「馬306頭分ですか……」と言葉を失う純情な乙女。ちなみに、前回少しだけ試乗した3ドアのジョン・クーパー・ワークスは231馬力だったので、ゆみちぃ部長にとって初の300馬力体験となります。231馬力で怖い思いをしたにもかかわらず、75頭の馬が追加されたわけです。言葉を失うのも無理ありません。

 ガソリンはハイオク専用で、気になる燃費はWLTCモード燃費で12.1km/L、市街地モード燃費8.9km/L、郊外モード燃費12.3km/L、高速道路モード燃費14.2km/Lというもの。「ハイオクガソリンとレギュラーガソリンって、どの位値段が違うんですか?」と純情な部長は、実際の維持費が気になるようで、部員に素朴な質問を投げかけてきます。ちなみにガソリンを50リットル分給油した場合、レギュラーだと7500円(リッター150円の場合)、ハイオクだと8000円(リッター160円の場合)というわけで、差額は500円程度。吉野家や松屋でランチ1食分といったところでしょう。「こういうのって、あまり差がないようで地味に家計に響くんですよね」と、まるで主婦のような答えを返す部長でした。

BMW/M135i xDrive

 話をエンジンに戻して、この強力なユニットは、BMWのM135i xDriveという1シリーズのトップグレードと同一品。ついでに言えばジョン・クーパー・ワークス クラブマンとM135i xDriveは、四輪駆動に8速ATというパワートレインは言うに及ばず、全幅とホイールベースも同一寸法、サスペンション形式がフロント/マクファーソンストラット、リヤ/マルチリンクという点まで同じという兄弟車だったりします。

MINI/MINI John Cooper Works CLUBMAN

 気になるジョン・クーパー・ワークス クラブマンの価格は571万円。ちなみにクラブマンの最もベーシックなモデルが 369万円ですから約1.5倍のプライスになります。さすがジョン・クーパー・ワークス、と値段に驚くのですが、いっぽうでBMW側の兄弟車であるM135i xDriveが630万円ですから、「ちょっとはオトクなのかも」と思ったりも。この当たりの価格設定が実に巧妙だなと、部員一同は感じました。

 さらに試乗車の場合、特別色のサンダー・グレー・メタリックが8万円、レッド・スポーツ・ストライプ3万3000円、デジタル・パッケージ・プラス4万9000円、アクティブ・サスペンション7万9000円、アラーム・システム5万7000円、MINI Yoursインテリア・スタイル ピアノ・ブラック・イルミネーテッド2万7000円、プライバシー・ガラス(リア・ガラス)5万1000円、シート・ヒーター(フロント左右)4万8000円、Harman/Kardon製HiFiラウド・スピーカー・システム12万6000円のオプション装備品合計55万円が加わって合計金額626万円となります。さすがMINIラインアップの中で最も高額なモデルだと、その場にいた誰もが深いため息をつきます。

 それでは、どんな走りで楽しませてくれるのか、いざ実走です。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう