週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

MT仕様の「N-ONE RS」は街乗りでも楽しいMT初心者向けスポーツカーだ!

2021年04月18日 12時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●美環(@puritendon) 編集●ASCII

 昨年、フルモデルチェンジしたHondaの軽自動車「N-ONE」。そのラインアップの中で注目を集めたのが、マニュアルトランスミッション搭載のRSグレードでした。そんなをN-ONE RSを今回はチェックしていきます。

N-ONE RS(試乗・撮影はMT仕様/199万9800円)

N-ONEにMT車を設定するに至った理由

 N-ONEにMTモデルを用意する話が出たのは、東京オートサロン2020にひっそりと展示されていた「N-ONE Café Racer Concept」から。きっと開発陣は「マニュアルの需要はあるのか?」という反応を見るために展示したのでしょう。

N-ONEに搭載するMT

N-ONEに搭載するMTのギア比

 もともとHondaには、軽ミッドシップスポーツ「S660」用として開発された軽自動車用マニュアルトランスミッションがありました。このトランスミッションは、その後N-VANに仕様変更して搭載されています。ピュアスポーツと商用バンにMTが載るのなら、普通のN-ONEに載せるのもカンタンと思いがちですが、実際は強度の問題が出るのだそうで、N-ONE用に最適化したトランスミッションになっているのだとか。ギア比にしても、N-VANが比較的ローギア―ドなので、基本的にはS660と同じクロスギアレシオを採用。ただし、S660のままではデフのサイズが大きすぎるらしく、そこは変更しているのだとか。さらにHondaは、シフトショック低減を目的に、スピードコントロールピークトルクリミッターとクラッチダンパーをN-ONE用に専用設計。結局、流用部品は少ないようです。

N-ONEのシフト

 「シフトショック低減機構なんて入れたらダイレクト感が足りなくなってしまうではないか」というMTガチ勢の声が聞こえてきそうですが、さらに発狂するであろうことは、電子サイドブレーキを採用したことでしょう。「スラロームでサイドターンができない」「Fドリできない」わかりますその気持ち。やったことないですが。

N-ONEの電子サイドブレーキ

 電子サイドブレーキのメリットは、腕の力が弱い方でもサイドブレーキの操作がラクになるのはもちろん、オートブレーキホールド機能が使えることにあります。信号待ちなどでブレーキペダルから足を離してもブレーキを保持するこの機能が、MTの坂道発進で恩恵をもたらします。坂道発進はサイドブレーキをかけた状態で半クラッチ、サイドブレーキを解除するというもの。誰もが教習所や久々のMT操作で、エンストしたり、クルマが後退した経験があるのではないでしょうか。

 こうしたMT初心者の恐怖を解消するのがオートブレーキホールドなのです。誰もが、日常でMTを楽しめる、これって重要なことではありませんか? サイドブレーキレバーを楽しみたい方には、S660がありますのでぜひ! いいクルマですよ。

N-ONE搭載の660cc直列3気筒ターボエンジン

狭いフロントボンネットにみっちり収納されている

メーターパネル読みで、燃費は19.8km/Lを記録した

 ちなみにエンジンは、S660に搭載されているものと似た直列3気筒ターボ。64馬力/104Nmを発します。下からトルクがモリモリのユニットですから、発進時にエンジンを煽る必要も少ないでしょう。これも初心者としてはうれしいところ。ちなみにN-VANはNAエンジンですので、結構煽らないとエンスト祭が。さらにサイドブレーキがペダル式で、解除はスティックレバーですから、おそらくS660よりも坂道発進は難しいことでしょう。

 それでは、誰もが日常的にMTを、というメッセージが込められている(と勝手に解釈した)N-ONE RSで街に繰り出しましょう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう