週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ユニバーサルIEMの市場を作った記念碑的製品をブラッシュアップ

FitEar、約20年の成果が詰まった新モデル「TG334」をいち早く聴く

2021年04月19日 13時00分更新

TO GO! 334からの改良点

 TG334は初代と同様にFitEar MH334をベースモデルとしたユニバーサルIEMだ。ユニット構成はMH334/TO GO!334と全く同じ。ネットワーク回路もMH334 Studio Referenceを踏襲している。

 TO GO! 334が画期的だったのは、音質を向上させるために、出口方向にテーパーを付けた純チタン製チューブを高域専用の音導孔として使用していた点だ。チタン工作に経験が深い会社のノウハウを活かしたもので、その後もFitEar製品の特徴の一つとして改良されていく。また、この10年でオーバルシェイプのステム(楕円形の軸)など、FitEar製品自体の改良もあった。

 それらを採用したリニューアルモデルがTG334である。付属するケーブルはFitEar専用の「013ケーブル」で、信号線には、オヤイデ電気の精密導体「102SSC」を採用している。また、イヤーピースも変更し、「AZLA SednaEarfit SE1000」の6サイズ(SS/S/MS/M/ML/L)を添付する。また、試供品として「SednaEarfit XELASTEC」も3サイズ(SS/MS/ML)同梱する。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう