週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

SEO対策された文章と読みやすい文章、両立はできるのか

2021年03月29日 11時00分更新

SEO対策って、読み手への親切さなのかもしれない

 今回は、SEO極〜KIWAMI cloud〜によるコンテンツ強化機能で、サンプル記事の改修を試みた。

 その中でわかったのは、タイトルの考え方だったり、共起語を取り入れた本文のブラッシュアップによって、自ずと商品についての理解が深まり、魅力を効果的に伝える方法を考えるようになるということだ。

 これらはSEOを意識しなくても直感的にしていることだが、SEOという観点で分析すると、文章に対する考え方が整理され、論理的に「いいコンテンツ」にフォーカスできるようになった気がする。情報が多くなることで、それを効果的に伝えようとして、自然と丁寧さが生まれる。名取先生の言っていた「美しい文章とSEO対策をした文章は同義」とは、このことなのかもしれない……。

〜次回に続く!〜

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう