週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

スライド式キーボードスマホ「Astro 5G Transformer」、CPUが変わるも6月が楽しみ

2021年02月08日 10時00分更新

キーボードマニア期待の「Astro 5G Transformer」

 Gemini PDA、Cosmo Communicatorとクラムシェル型のQWERTYキーボード搭載スマートフォンを出してきたPlanet Computers。2020年5月にクラウドファンディングで資金調達に成功した「Astro 5G Transformer」の出荷予定時期が来月、2021年3月に迫ってきました。同社初の5Gモデルであり、しかもこれまでの2機種とは異なりスライド式のギミックを備えたAstro 5G Transformerは、現時点でわずかしか製品のないQWERTYキーボード端末として貴重な存在です。

クラムシェル型だった過去2モデル

 クラウドファンディングによくあることで、このAstro 5G Transformerも出荷時期は当初の3月から6月にずれるとPlanet Computersから出資者に案内がありました。それと同時にAstro 5G Transformerの最終スペックや本体形状も明らかになりました。

YouTubeのライブ配信で披露されたAstro 5G Transformerの最終モデル

 まずは本体サイズ。当初は164×76.6×15mmとアナウンスされていましたが、172.4×76.5×17.8mmにサイズアップ。横幅はわずかに狭くなったものの、全長と厚みが増しています。また背面には足が付き、その間にカメラが搭載されますがその部分の厚みは18.7mmとなります。ディスプレーをスライドさせ、それを引き起こすという動きある本体構造だけに、より強固な作りにしたということなのでしょう。なお、重量は当初の予定通り300gで変わっていません。

背面には足がつき、そこにカメラが搭載される

 チップセットの変更はちょっと残念なところ。当初はMediaTekのDimensity 1000が予定されていましたが、Dimensity 800になりました。Snapdragon 800番台から700番台になったようなイメージ。これに伴い、5Gモデム周りも「5G+5Gデュアル待ち受け」から「5G+4G」に、Wi-Fi 6も非対応になりました。コスト面ではなくチップセット入手の都合によるものだそうですが、ここは頑張ってほしかったところ。しかし、一方ではメモリーが6GB→8GBになったのはうれしいですね。

Astro 5G Transformerの最終スペック

 ほかの変更点としては、ディスプレーサイズが6.53型→6.39型と、やはり小さくなっています。ただ有機ELになったので発色は良くなり、表面はゴリラガラス(第3世代)になったので傷の心配も少なくなりました。新型コロナウィルスの影響で材料の仕入れや組み立てる工場の手配も、平常時のようにはいかなくなっていることもあり、このあたりは仕方ないかなと受け入れるしかないと思うところ。何よりもしっかりと製品化してくれることが一番重要ですから。

電源や音量ボタンは本体の下部側に配置。本体デザインはほぼ完成している

 さて、当初より製品化は3ヵ月遅れました。今後のスケジュールですが、今年は2月12日が旧正月となるため、中国のODM工場は2月中はほぼ休み。そのため1月中に最終的なスライド機構などを確定し、3月にデバッグなど最終試作品のテスト、5月から各種証明や認可を取り、製造を開始、6月に最初のロットの出荷となるようです。

 過去モデルは2機種とも日本で正規販売されており、今回のAstro 5G Transformerも技適を取得し日本で堂々と使える製品になるでしょう。6月に製品を受け取ることができることを筆者も楽しみにしています。

6月の出荷が待ち遠しい

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう