週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

山根博士のグロスマレビュー

Kirin 9000搭載のハイスペックスマホ「HUAWEI Mate 40 Pro 5G」は不満点がほぼない

2021年01月23日 12時00分更新

写真のクオリティーは抜きんでている

3つのカメラを円形に配置

 筆者はHUAWEI P30 ProやHUAWEI P40など最近のファーウェイの上位モデルのカメラを使ってきたが、いずれも他社のカメラより「安心して撮影できる」という印象を持っている。画質の良さはもちろん、撮影した写真が失敗、すなわち不満足と感じることがが少ないからだ。HUAWEI Mate 40 Pro 5Gも夜景のみならず街中のスナップ写真を撮ってもしっかりとその雰囲気を記録してくれる。

 写真撮影時はカメラの倍率をワンタッチで広角-1倍-5倍-10倍に切り替えできる。2倍あたりもワンタッチで切り替えできるといいのだが、全体的に望遠よりの撮影を意識した設定になっているのだろう。倍率の数字部分を長押しすると好きな倍率に変更できるほか、10倍以上のデジタルズームで最大50倍までの撮影ができる。なお、ファーウェイは倍率変更をディスプレーの左(縦持ち時)または下(横持ち時)に表示するが、片手で持った時に親指が届かないので、他社のようにモード切替やシャッターボタンのあるディスプレー下部に表示してほしいと感じた

 カメラのモードは「アパーチャ」「夜景」「ポートレート」「写真」「ビデオ」「プロ」「その他」。そのほかの中にはVlogなどショートムービー向けのビデオを簡単に撮影する「ストリートクリエーター」も用意されている。なお、ビデオの撮影解像度は4Kまで。最近は8K録画対応のスマートフォンがあるものの、編集や再生環境を考えると8Kはまだ時期早々だろう。

カメラは最大50倍まで対応。その他からはストーリークリエーターが使える。ビデオは4Kまで対応

 香港の街中で写真を撮影してみた。まずは画角の違いから。10倍のハイブリッドズームでもPCの画面で見てもそれなりにきれいに見える。50倍デジタルズームはまだ「記録用」程度とはいえ、年々この高倍率撮影時の後処理はよくなっているように感じる

広角で撮影

標準で撮影

5倍で撮影

10倍で撮影

50倍で撮影

 夜景はやはり美しく撮れる。この写真、実際は空は真っ暗だが被写体を明るく映しだしてくれる。ネオンやライトの光がつぶれないのでイルミネーション撮影などが捗るだろう。

夜景撮影例1

夜景撮影例2

 マクロ撮影はAI機能により被写体に近づくと自動的に切り替わり、4cmの距離まで近寄れる。背面中央にカメラがあるので被写体に近づきやすいのも使いやすいと感じた。

マクロ撮影例1

マクロ撮影例2

 そのほか、香港の街中でいくつか写真を撮影してみた。

標準撮影例1

標準撮影例2

標準撮影例3

標準撮影例4

標準撮影例5

標準撮影例6

【まとめ】端末の完成度が高いだけに
GMS非搭載は非常に残念

 HUAWEI Mate 40 Pro 5Gは本体のパフォーマンスは申し分なく、ディスプレーサイズもこれまでのモデルより大型化されたことで動画やSNSの利用も快適だ。そしてカメラ画質も高く、満足度は非常に高い。最大のネガティブポイントはGMSを搭載していない点になる。筆者はSNSはブラウザーで行なっているものの限界があるのが実情だ。ファーウェイのアプリストアだけではまだ満足なアプリが入手できず、他の端末とのデータ連携も完全ではない。ハードウェアの完成度は高いだけに残念でならない。

 日本ではHMSのみを搭載した「HUAWEI Mate 30 Pro」「HUAWEI P40 Pro」の販売例がある。グーグルのアプリなしではなかなか売りにくいところもあるだろうが、総合的なハードウェア性能は群を抜いて高いだけに、日本でもHUAWEI Mate 40 Pro 5Gの販売を期待したい。

■関連サイト

  HUAWEI Mate
40 Pro
HUAWEI Mate
40 Pro+
HUAWEI Mate
40
ディスプレー 6.76型有機EL(90Hz対応) 6.5型有機EL
(90Hz対応)
画面解像度 1344×2772 1080×2376
サイズ 75.2×162.9
×9.1/9.5mm
75.5×162.9
×8.8mm
75.2×162.9
×8.8/9.2mm
重量 212g 230g 188/184g
CPU HUAWEI Kirin 9000
3.1GHz×1+2.54GHz×3
+2.05GHz×1(オクタコア)
HUAWEI Kirin 9000E
3.13GHz×1
+2.54GHz×3
+2.05GHz×1
(オクタコア)
内蔵メモリー 8GB 12GB 8GB
内蔵ストレージ 256GB 256GB 256GB
OS EMUI11.0(Android 10)
無線LAN Wi-Fi 6(160Hz幅、1024QAM)
アウトカメラ 50メガ(標準)
+20メガ(超広角)
+12メガ(光学5倍)
+レーザーAF
50メガ(標準)
+20メガ(超広角)
+8メガ(光学10倍)
+12メガ(光学3倍)
+3D深度測定
50メガ(標準)
+16メガ(超広角)
+8メガ(光学3倍)
+レーザーAF
バッテリー容量 4400mAh 4400mAh 4200mAh
生体認証 ○(3D顔、画面内指紋) ○(顔、画面内指紋)
防水・防塵 ×
SIM nanoSIM×2
USB端子 Type-C
イヤホン ×
カラバリ Mystic Silver、White、Black、Green、Yellow Ceramic White、Ceramic Black Mystic Silver、White、Black、Green、Yellow
価格 1199ユーロ 1399ユーロ 899ユーロ
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう