週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

スペック? カメラ? ASCII編集者が語る、私たちがXperia 5 IIを買った理由

2020年12月25日 18時00分更新

YouはなぜXperia 5 IIを?
ASCII編集者が語るXperiaの魅力

 今年も新モデルが続々登場したり、Photography ProやHSパワーコントロールといった、独自の尖った機能を搭載するなど、相変らず元気だったソニーの「Xperia」シリーズ。

 「Xperia 1 II」を筆頭に「Xperia 10 II」、「Xperia 8 Lite」、そして「Xperia 5 II」がリリースされ、エントリー、ミドル、ハイエンドと幅広く出揃った格好だ。

ソニー「Xperia 5 II」

 今やスマホは中国メーカーも多数加わり、群雄割拠の時代を迎えているが、今年存在感を発揮していたのは「Xperia 5 II」だろう。ハイエンドのスペックで持ちやすいサイズ、デジタル一眼「α」譲りのカメラ、そして5G対応。全方位に対応してスキがない端末だけに好評で、欲しいという声も多い。

 簡単にXperia 5 IIをおさらいすると、ディスプレーはアスペクト比21:9、リフレッシュレート120Hzで約6.1型(1080×2520ドット)の有機ELで、SoCはSnapdragon 865、メモリー8GB、ストレージ128GB。本体サイズは約68×約158×約8.0mm、重さは約163g。カメラは約1220万画素(標準、F値1.7)、約1220万画素(超広角、F値2.2)、約1220万画素(光学3倍、F値2.4)の3眼構成だ。

 とくに6型を超えるディスプレーサイズで横幅68mmの重さ約163gは、唯一無二の持ちやすさを実現している。

 そんなXperia 5 IIに惹かれて購入した猛者が編集部に2名いる。生放送のMCなどでおなじみのつばさと、動画班の裏方を担当するエンジョイ阿部だ。実はこのふたり、もともとiPhoneユーザーである。つばさはスマホ総研所属なので、毎年iPhoneを買い替えるし、Android端末もいくつか持っているし、仕事でほぼすべて触っている。エンジョイ阿部はずっとiPhone 8を使っていたという。

 なぜつばさは数多くあるAndroid端末からXperia 5 IIを選んだのか、なぜエンジョイ阿部はiPhoneからXperia 5 IIに乗り換えたのか。このふたりが購入にいたった理由を聞いた。

──自分みたいにAndroidメインで使ってるならわかるけど、iPhone使っててXperia 5 IIを買うって、かなり強い動機があったと思うけど。

つばさ

エンジョイ阿部

つばさ 別にiPhoneメインってわけじゃないですよ。仕事がらiPhoneは毎年買い替えますし、Androidだって好みのモデルが出ればお財布と相談しつつ買い替えてますから。で、Xperia 5 IIに関してはデザインに一目ぼれです(笑)。とはいえ、10万円近い買い物なので悩みましたけどね。スマホ総研定例会でいろいろ触らせてもらえるのもあって、機能やカメラが私好みだったので、ああこれは買うしかないなと。

阿部 僕はiPhone 8ユーザーでした。そもそもASCII編集部に入ってから財布の紐が緩みっぱなしで、ASCIIにいるならハイエンドが欲しくなるじゃないですか。スピーディーさんみたいにスペックでマウント取ってくる人もいるし。その中でiPhone 12 Proと迷ったんですが、21:9のディスプレーが決め手になりました。スマホ総研で実機を見てからというもの、iPhone 8の画面が小さく思えてしまって。

21:9のディスプレーのおかげで1画面内の情報量が多い。それでいて片手で操作できるのでウェブサイトが見やすい

──ではXperia 5 IIのお気に入りポイントを聞かせてもらおうかな。

つばさ SNSをよく見るので、21:9のアスペクト比を活かして縦持ちでInstagramやTwitterを確認できるのがうれしいですね。1画面内の情報量が多くて何度もスクロールしなくていいし。高リフレッシュレートスクロールも滑らかなのは気に入ってます。あとはこの見た目。最近のハイエンドはどうしても重い&片手で持ちにくいですが、Xperia 5 IIは「ワンハンドスマホ」と言ってるくらい、片手での持ちやすさが群を抜いてます。

阿部 僕もつばさんを同じく21:9のディスプレーでスクロールが少なくて済むこと。2画面分割が想像以上にありがたいです。記事や動画を見てる最中にメールやLINEがきても、いちいち画面を切り替えずに同じ画面で返信できますから。あと外部ストレージが最大1TBまでのmicroSDカードの対応しているので、サイズの大きなゲームもインストールできるようになったので、スマホでゲームを遊ぶ機会が増えました。

──なるほど、2人とも相当なお気に入りということで。

つばさ いや実は1点だけ悔しいことがあって。私は発売日にブラックを買ったのですが、最近ドコモオンラインショップ限定で、パープルが出たじゃないですか! 編集部でスピーディーさんが実機を見せてくれたんですけど、やっぱりパープルにすればよかった!

阿部 僕もあの色出るなら、もうちょっと買うの待てばよかったかなあって。しかもケースも本体に合った色の純正ケースがもらえるんですよね? この自立する機能、マジで欲しいです。よく映画を観るんですが、手に持って観るよりスタンド使ったほうが快適ですよ。使わないときには折りたたんでおけるし。

ドコモオンラインショップ限定色にパープル
現在キャンペーン中!

 現在ドコモオンラインショップでは、現在2つのXperia 5 IIのキャンペーンを開催中だ。ぜひ奮って応募してほしい。

・Xperia純正カバープレゼントキャンペーン

 ドコモオンラインショップでパープルを購入者に先着3000名に、スタンド機能搭載の純正カバーがプレゼントされる。ケースを買わなくて済むのはうれしいし、純正ゆえにしっかりとフィットして、動画視聴に活躍するスタンドは使わないときはしまっておけるという優秀さ。元々Xperia 5 IIも防水対応だが、このケースもIPX5/8相当の防水に対応するのでより安心だ。キャンペーン概要は以下のとおり。

先着3000名がもらえる純正カバー「Xperia 5 II Style Cover with Stand (Purple) XQZ-CBAD」

スタンドは簡単に出し入れできるので便利

概要
ドコモオンラインショップにてXperia 5 II Purpleを購入した先着3000名に、Xperia純正カバー Purpleプレゼント(商品同梱発送、なくなり次第終了)。
キャンペーン期間
2020年12月18日(金)~なくなり次第終了
対象モデル
Xperia 5 II ドコモオンラインショップ限定カラー Purple
賞品
Xperia 5 II Style Cover with Stand (Purple) XQZ-CBAD
キャンペーンサイト
https://www.sonymobile.co.jp/campaign/docomo_purple_cover/
 

・mora qualitas +90間無料クーポンプレゼントキャンペーン

 ハイレゾなどの高音質な音楽を、定額聴き放題できるサブスクリプションの「mora qualitas」。アーティストこだわりの音をそのままの音質で楽しめるだけでなく、アーティストのバイオグラフィや、アルバムの作品レビューも読めるサービスになっている。ただでさえ高音質のXperia 5 IIで聴けば、より楽曲の世界観に浸れること間違いナシ。こちらはカラバリ問わず、ドコモのXperia 5 IIを購入した人全員にもれなくプレゼントされる。キャンペーン概要は以下のキャンペーンサイトを参照。

キャンペーンサイト:https://www.sonymobile.co.jp/campaign/mora_20autumn_d/

──そうなんだよね、自分もXperia買うときは必ずパープル選ぶくらいあの色は好き。Xperia Zからの伝統というか。あと、今回からドコモショップ(実店舗)でも純正カバーを取り扱うようになったんだよね。

つばさ Xperiaをドコモショップで契約したら、そのままケースも買えるのはいいですね。ケース着けるまでスマホ使うのためらっちゃうので。

阿部 Xperiaってケースが豊富なの、初めて知りました。種類がたくさんあってビックリしましたよ。ケースのバリエーションはカメラと並んでスマホ選びの重要なポイントらしいですからね。

───ケース自体はもともと「Xperiaカバーストア」でかなり豊富に用意されてたんだよ。

つばさ ドコモショップ以外にもドコモオンラインショップの 「docomo select」でも取り扱ってるんですね!

──店舗でもオンラインでもケースが買えるのはユーザーにとっても便利だよね。さて、Xperia 5 IIはディスプレーだけじゃなくて、ゲーミング機能やカメラも特徴なんだけど……。

阿部 ゲームエンハンサーは実際に使ってみてその快適さに驚きましたね。とくにHSパワーコントロール。これは高負荷なゲームをやるときには必須機能です。ゲームエンハンサー内の機能でリフレッシュレートやタッチ感度を調整できるのですが、スマホゲームでは一番重要になるタッチの反応速度や追従性を調整できるのも素晴らしい! ほかに誤動作防止の機能とか、ゲーマーのかゆいところに手が届いている気がします。

Xperia 1 IIにもない機能がリフレッシュレートの設定

通知をオフにするなどの設定をまとめてできる「コンペティションセット」。ゲームエンハンサー機能のひとつだ

システムに直接給電するHSパワーコントロール。バッテリーが発熱せず、CPUのパフォーマンスを落とさずにプレイできる唯一無二の機能

つばさ ぶっちゃけ、私もゲームエンハンサーはそんなに気にしてなかったんですが、いざプレイしてみるとめちゃくちゃいいんですよ(笑)。どちらかというとゲーム設定(通知オフとか)よりも、21:9というアスペクト比が絶妙に持ちやすいので、設定よりもデザインでゲームに没頭できるって感じですね。

──HSパワーコントロールはXperiaならではの、オンリーワンの機能だね。たしかにこれがあるのとないのじゃ、ゲーム中の端末の挙動に影響してくる。あとカメラはどうだった?

つばさ カメラアプリが標準(Xperia用にチューニングされたもの)で3つあって、自分の用途によって使い分けられるというのが大きいですよね。こだわりたい時には「Photography Pro」、ササッといい感じの写真&動画を撮りたい時「カメラ」、動画をめちゃくちゃこだわりたい時は「Cinematography Pro」……みたいな感じで、自分の気分によってカメラアプリを変えて楽しめるんです。

動物にも瞳AFが対応したので、ペットの写真も撮りやすくなった

阿部 カメラスペックが高くて、瞳AFが動物にも対応するので飼い猫の写真をよく撮るようになりました。ペットは動き回るのでリアルタイム瞳AFが大活躍です。もうちょっと本格的な写真や動画が撮りたいので、Photography ProとCinematography Proは練習中です。

──デザインもカメラもゲーム機能も満足してるって感じだね。お二人はXperiaのカバー選びを楽しみつつ、今後もXperia 5 IIをできるだけ長く使い続けてね!

2人 わかりました!

Xperia 1 IIのパープル。歴代のパープルとちょっと違う

実際に持ってみると、このような色になる。やや薄めのパープルだ

これがXperia 1のパープル。Xperia 5 IIのパープルはどちらかというとこの色に近い

PR:ソニーマーケティング株式会社

■関連サイト

ドコモ「Xperia 5 II SO-52A」の主なスペック
メーカー ソニー
ディスプレー 約6.1型有機EL(21:9)
画面解像度 1080×2520
サイズ 約68×約158×約8.0mm
重量 約163g
CPU Snapdragon 865
2.8GHz+1.8GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 8GB
内蔵ストレージ 128GB
外部ストレージ microSDXC(最大1TB)
OS Android 10
5G最大通信速度 下り4.2Gbps/上り218Mbps(※)
5G対応周波数 サブ6(キャリアアグリゲーション対応、※)
無線LAN Wi-Fi 6
カメラ アウト:約1220万画素(標準、F値1.7)
+約1220万画素(超広角、F値2.2)
+約1200万画素(光学3倍、F値2.4)
/イン:約800万画素
バッテリー容量 4000mAh
電池持ち時間 5G:約120時間/4G:約135時間
FeliCa/NFC ○/○
防水/防塵 ○/○(IPX5,8/IP6X)
生体認証 ○(指紋)
イヤホン端子
USB端子 Type-C
カラバリ ブラック、グレー、ブルー、ピンク、パープル

※発売時点では受信時最大3.4Gbps/送信時最大182Mbpsです。2020年12月にソフトウエアアップデートにより受信時最大4.2Gbpsに対応予定です。2020年度冬以降、ソフトウェアアップデートにより送信時最大218Mbpsに対応予定です。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう