週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ほとんどのタイトルはWQHDでも高フレームレート、タイトルによっては4K解像度も快適!

GeForce RTX 3070搭載のゲーミングデスクトップPC「G-Tune HN-Z」で人気ゲーム10本ベンチを実施!

2020年12月02日 11時00分更新

マウスコンピューターが販売するGeForce RTX 3070搭載モデル「G-Tune HN-Z」

 パソコン市場において、NVIDIAが新たに投入した「GeForce RTX 30シリーズ」が、ゲーミング用途で高い注目を集めている。中でも「GeForce RTX 3070」(以下、RTX 3070)は、「GeForce RTX 2080 Ti」といい勝負ができるパフォーマンスを備えながらも、比較的購入しやすい価格から人気が高い。

 それは、BTOパソコンでも同様に、各社ともRTX 3070搭載モデルに力をいれている。マウスコンピューターもその一社で、RTX 3070搭載モデルとして「G-Tune HN-Z」を用意。では、G-Tune HN-Zはどのようなパソコンなのか、詳しくみていきたい。

G-Tune HN-Zの主なスペック
CPU Intel「Core i9-10900K」
(10コア/20スレッド、3.70~5.3GHz)
グラフィックス GeForce RTX 3070(8GB)
メモリー 16GB(8GB×2、DDR4-2666)
ストレージ 2TB HDD+512GB SSD(NVMe M.2接続)
チップセット Intel Z490チップセット
CPUクーラー 簡易水冷クーラー
インターフェース DisplayPort×3、HDMI出力、USB 3.0 Type-A×8(上面×4、背面×4)、USB 3.1×2(Type-A、Type-C)、PS/2(ミニDIN6ピン)、有線LAN端子(1000BASE-T)、ラインイン、ラインアウト、ヘッドフォン、マイク入力×2(モノラル上面×1、背面×1)、リアスピーカー、センター・サブウーファー、S/PDIF(オプティカル/角型 背面×1)
電源 800W(80PLUS TITANIUM認証)
OS Windows 10 Home(64bit)

i9-10900K+RTX 3070という構成
簡易水冷クーラーやエアフローなど冷却面が光る

シンプルなデザインの中にも機能性を追求したという、黒一色のオリジナルケースを採用

 まずは、G-Tune HN-Zの外観から紹介していこう。G-Tune HN-Zは、シンプルなデザインの中にも機能性を追求したというオリジナルケースを採用。黒一色の外観に、フロントパネルに施されたG-Tuneのロゴが、LEDにより赤く浮かび上がる印象的なデザイン。サイズは210(W)×520.5(D)×435(H)mmと、コンパクトではないものの、大きすぎず、机の上に置いてもあまり邪魔に感じないことはなかった。

 左側面のサイドパネルは窓のないスチール製のタイプで、落ち着いた雰囲気を望む人に好まれるのではないだろうか。また、スチール製のほうが静音性が高くなるほか、G-Tune HN-Zではサイドパネルの縁に防振素材が貼付されている点は、細かいところだがありがたい配慮といえる。

通電すると赤く光るG-Tuneのロゴが印象的。また、上部に光学ドライブが用意されている点はうれしい配慮だ

 天板のフロントパネル寄りには、ヘッドフォン出力端子とマイク入力端子、それにUSB 3.0 Type-Aを4基搭載。さらにユニークなところでは、背面のケースから伸びるHDMIケーブルをビデオカードに接続することで、天板のHDMIが利用可能になっており、ディスプレーをつなぎ変える場合にはかなり使いやすい。

天板にはUSB 3.0は4基搭載されているほか、ヘッドフォン出力端子やマイク入力端子を搭載。アクセスしやすく使い勝手は申し分ない

ケースから伸びるHDMIケーブルをビデオカードの出力に接続することで、天板のHDMIが利用可能となる

 また、ケース底面は、一面が吸気孔となっており、そこから吸い込まれたエアーは、右側面および背面へと抜ける構造。なお、底面には取り外し可能な防塵フィルタが装着され、簡単に水洗いすることができる。電源ユニットは、天板側に搭載するタイプで、電源ユニットだけダクト構造のようになって内部と隔てられているため、エアフローに電源ユニットのファンが影響することはまずない。

底面は一面を覆う防塵フィルタが装着されている。固定は磁石式なので、簡単に取り外して水洗いすることも可能だ

 CPUには10コア/20スレッドの「Core i9-10900K」を搭載し、その冷却には簡易水冷クーラーが採用されている。なお、ラジエーターは120mmサイズで右側面に搭載。簡易水冷クーラーを採用したことで、CPU周りはかなりスッキリした印象で、メモリーモジュールへのアクセスもしやすく、メンテナンス性は良好だ。

CPU-Z(Version 1.94.8)の実行結果

GPU-Z(Version 2.35.0)の実行結果

CPUの冷却には簡易水冷クーラーを採用

右側面に装着された120mmサイズのラジエーター

 そのほかのスペックも確認していこう。マザーボードには、Intel Z490チップセットを搭載したマウスコンピューターオリジナルの「Z490-501」を採用。ATXフォームファクターで、PCIe x16スロットが2基、x1スロットが3基用意されている。M.2スロットは2基用意され、そのうち1つにNVMe接続で512GB SSDを1基搭載。このM.2タイプのSSDには、ヒートシンクが装着されているため、サーマルスロットリングによる性能低下の懸念はない。また、G-Tune HN-Zには2TB HDDが搭載されており、容量面での抜かりはない。なお、システムメモリーには、8GBのDDR4-2666を2枚、計16GB搭載する。

 これらのデバイスを支える屋台骨ともいえる電源ユニットには、定格出力800Wのものを採用。容量的にも問題はないほか、この電源ユニットには80PLUS TITANIUM認証を受けた高品質なものを利用しており、電源ユニットにおける発熱の低減も図られている点は好感が持てる。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう