週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Radeon RX 6800 XT/6800で強いRadeonが久々に戻ってきた!【前編】

2020年11月18日 23時00分更新

GeForceを視界から消し去った
「Assassin's Creed Valhara」

 次に最新作「Assassin's Creed Valhara」でも試してみた。画質は“最高”とし、ゲーム内ベンチマーク機能を利用して計測した。

「Assassin's Creed Valhara」1920×1080ドット時のフレームレート

「Assassin's Creed Valhara」2560×1440ドット時のフレームレート

「Assassin's Creed Valhara」3840×2160ドット時のフレームレート

 この超重量級ゲームでは平均fpsの出方はRadeon RX 6000シリーズが圧倒的に高い。そしてSAMの効果はRadeon RX 6800 XTでは9~19%、Radeon RX 6800でも8~15%と高く、さらに解像度が低いほど効果が得られる。

 起動時にAMDロゴがバンバン出るため、AMD製品に対する最適化が進んでいる可能性があるが、ここまで差が出るとは驚きしかない。格下のRadeon RX 6800ですらRTX 3080を超えてしまうのだ。RTX 3090はRadeon RX 6900との対決用に残しておいたが、このゲームではRTX 3090も危ないだろう。

「Horizon Zero Dawn」では不具合も……

 今回は時間がないのでゲーム検証は「Horizon Zero Dawn」で〆としたい。画質は“最高画質”とし、ゲーム内ベンチマーク機能を利用して計測している。最低fpsがぶれやすいため、3回計測して最低fpsが最高値を出した時の結果を比較した。

「Horizon Zero Dawn」1920×1080ドット時のフレームレート

「Horizon Zero Dawn」2560×1440ドット時のフレームレート

「Horizon Zero Dawn」3840×2160ドット時のフレームレート

 このゲームではトップはRTX 3080 FE、続いてRadeon RX 6800 XTと6800、そしてRTX 3070 FE、最後にRadeon RX 5700 XTという順になっている。Radeon RX 6000シリーズの国内販売価格が米ドルに近い設定ならば、Radeon RX 6000シリーズはRTX 30シリーズにたいし良い費用対効果を得られるカードになる可能性がある。

 ただしこのゲームではSAMは効かないどころか、4K環境ではゲームがクラッシュしてしまった。ゲーム側の不具合である可能性もあるが、SAMは常に有用ではないようだ。

後編はDXR対応ゲームも含めさらに検証

 Radeon RX 6000シリーズの検証は、今回はここまでとしたい。Assassin's Creed ValharaやRainbow Six Siegeなど、Radeonのアーキテクチャーにすっぽりハマれば、Radeon RX 6000シリーズはRTX 30シリーズを置き去りにする性能が出ることが明らかになった。SAMはゲームによっては有用だが、時にはクラッシュを誘発するなど、荒削り(いつものRadeonともいえる)な印象は拭えない。

 しかし、ここまでの結果を見るかぎり、しばらく見なかった「強いRadeon」が完全復活したことは間違いない。AMDファンはもとより、これからRyzenで新しいゲーミングPCを組もうと考えているなら、Radeon RX 6000シリーズは真っ先に検討しても良いGPUとなったようだ。

 ただ問題は流通の量だ。噂によるとかなり少ないらしく、Ryzen 5000シリーズの上位モデル以上の争奪戦になると予想されている。2020年はCPUもGPUもライバルに追い付き追い越したボーナスタイム。AMDには製品供給をしっかり頑張って戴きたいところだ。

●関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう