週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

実機プレイ初公開!『モンスターハンターライズ』のTGS公式放送レポート

2020年09月27日 10時00分更新

文● ジサトラハッチ 編集●ASCII

“翔蟲”を使ったアクション「鉄蟲糸技」も実機でお披露目

 また、今回はシリーズお馴染みのペイントボールがなく、クエスト開始時に袋型の小型の生き物を放つとモンスターの位置を最初に把握できるようになる。実機デモでは「河童蛙 ヨツミワドウ」と対戦。双剣を使って、“翔蟲”の鉄蟲糸と呼ばれるワイヤーにクナイを付けて、追加のダメージを与える“翔蟲”を使ったアクション「鉄蟲糸技」などをお披露目した。“翔蟲”を使う技はいくつかあるようだ。

「河童蛙 ヨツミワドウ」

「河童蛙 ヨツミワドウ」は、食欲旺盛で砂利と共に捕食することで体を太らせ、攻撃力が増すという

“翔蟲”を使う「鉄蟲糸技」は武器種ごとに異なる。また、技によって“翔蟲”ゲージの回復速度が異なるとのこと

アオアシラなど、過去作品のモンスターも数多く登場する

 今回、プレイヤーキャラは従来のシリーズよりもしゃべるが、そのしゃべる頻度は自分で調整できるとのこと。双剣の後に刀での実機プレイも公開した。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう