週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

3分動画で紹介:

多孔性配位高分子活用によるコンパクトな高圧ガス容器『CubiTan』

2020年08月19日 07時00分更新

 ベンチャー、スタートアップのサービス、事業の魅力を3分間の動画でお届けするASCII STARTUP ライトニングトーク。JOICピッチコラボ特別編として、「環境イノベーション」をテーマで披露された優れた技術を持つ登壇企業を紹介する。

 プレゼンしてくれたのは、Atomis 代表取締役CEOを務める浅利 大介氏。同社の事業説明は動画をご覧ください。

 動画で説明していた『CubiTan』は、次世代の高圧ガス容器だ。Atomisが扱っている三次元材料「多孔性配位高分子」のガス圧縮機能により、従来のガス容器に比べサイズや重量がコンパクトになっている。IoTモジュールも搭載しており、ガス量や温度、酔う規模場所をGPSで把握可能としている。遠隔管理のみならず、配送ルートの最適化やドローン配送など未来志向型のサプライチェーンを構築できるとしている。

■関連サイト

“ASCII STARTUP ライトニングトーク”は、3分程度の制限時間内でのベンチャー・スタートアップ企業の代表による自社サービスのプレゼンテーション動画です。撮影はASCII STARTUPのFacebookページで、募集しております。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう