週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

グーグルの新ミドル機「Pixel 4a」レビュー、ライトユーザー向けも完成度高し!

2020年08月04日 09時00分更新

Google印で安心のスマホ
「Pixel 4a」が間もなく発売に

 Googleのスマートフォン「Pixelシリーズ」の最新モデルとして「Pixel 4a」が登場。8月14日予約開始で販売開始は8月20日。価格は4万2900円(税込)で、Google Storeおよびソフトバンクにて販売される。購入者にはYouTube PremiumトライアルとGoogle Oneを3ヵ月無料で利用できる特典も付属する。

Googleの最新スマートフォン「Pixel 4a」

 Pixelシリーズのうち、モデル名の最後に「a」がつくのはミッドレンジモデルで、「Pixel 3a」の後継となる。ちなみにPixel 3aにはディスプレーサイズが一回り大きい「Pixel 3 a XL」もラインアップしていたが、今回はPixel 4aの1モデルのみ。

5.81型の1モデルのみ

 ディスプレーサイズは5.81型(1080×2340ドット)でアスペクト比は19.5:9。4万円代前半ながら、液晶ではなく有機ELパネルを採用している。インカメラ部分はパンチホールで、4辺狭額縁デザインになっている。

4辺狭額縁仕様で画面占有率は高い

インカメラはパンチホールタイプ

 本体サイズは約69.4×144×8.2mmで重さは約143g。コンパクトで操作しやすい大きさだ。カラーはジャストブラックのみの1色。本体背面はポリカーボネート製でマットな仕上げになっている。また本体背面には指紋認証センサーが搭載されている。

本体背面にはポリカーボネート素材を採用

本体右側面に電源ボタンと音量ボタンを配置

背面には指紋認証センサーを装備

 スピーカーはディスプレー上下に配置されステレオ再生となっており、マイクも2基搭載。ノイズ抑制機能に対応しているので、オンラインミーティングなどでの利用時に効果を発揮しそうだ。

 SoCはSnapdragon 730Gでメモリーは6GB、内蔵ストレージは128GB。4万円台前半のモデルとしては十分ハイスペックで、コストパフォーマンスは高いといえる。ただし、microSDには非対応でデバイスでのデータ保存は内蔵ストレージのみとなる。音楽や動画、ゲームなどを大量に保存して使いたいユーザーはクラウドなどを利用するといいだろう。

ストレージは128GBでmicroSDは搭載できない

 本体上部にはイヤホンジャックがあり、有線でイヤホンやヘッドホンが利用可能となっている。本体底面にType-Cを装備。USB3.1対応で、充電はUSB-PD 2.0にも対応しているため、最大18Wの急速充電に対応している。バッテリー容量は3140mAh。

PD(18W)対応のType-Cポート

本体上部にはイヤホンジャックがある

 モバイル通信は4G(LTE)までで5Gでの通信は非対応。SIMスロットシングルタイプ(nanoSIM)だが、eSIMにも対応しており、物理SIMとeSIMのデュアル待ち受けにも対応している。ちなみにGoogleは5Gに対応した「Pixel 4a 5G」と「Pixel 5」を2020年後半に提供するとアナウンスしているので、5G対応モデルが欲しい場合はそちらを狙おう。

SIMスロットはシングル仕様

5G対応モデルは2020年後半に発売予定

 Wi-Fiは5GHzにも対応しているが、Wi-Fi 6には非対応。また、FeliCaも搭載しており、おサイフケータイとしてモバイルSuicaなど各種モバイル非接触決済が利用可能となっている。

おサイフケータイにも対応している

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう