週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

デジタルガジェットや雑貨、服飾品や化粧品まで

体験型小売店「b8ta」がついに日本上陸! オープン前の有楽町店に潜入レポ

2020年07月29日 15時00分更新

シチズンのIoTプラットフォーム「Riiiver」に対応した光発電スマートウォッチ「CITIZEN Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)」シリーズ

アスキーでおなじみの、あの製品たちも!

 店内は、白と木製の什器を基調とした清潔な印象。b8taが取り扱う製品ジャンルはIoTデバイスや雑貨、服飾品や化粧品まで多岐に渡るが、比率として高いのは、IoTデバイスやデザイン性の強いガジェット類だ。

カートリッジ内のリキッドを熱し、発生する蒸気からフレーバーを楽しむデバイス「ston(ストン)」

 シチズンのIoTプラットフォーム「Riiiver」に対応した光発電スマートウォッチ「CITIZEN Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)」シリーズや、カートリッジ内のリキッドを熱し、発生する蒸気からフレーバーを楽しむブリージングデバイス「ston(ストン)」といった、アスキーでもおなじみのデバイスも、実際に触って体験できる。

デザイン性の高さ、品質の高さで人気のcadoの脱臭機

フィンランドのスタートアップ企業が手がけた水耕栽培キット「plantui」

幅、奥行き、高さがおよそ12cmで、重量が1kgというデスクトップPC「Kubb」

 面白いのは、クラウドファンディングサイトや、デジタルニュースサイトでは見かける機会があっても、なかなか店頭で実物にはお目にかかれない商品がずらりと並んでいるところ。デスクトップPC「Kubb」など、気になっている人も多いのでは?

アスキーでは何度も紹介している、クッション型セラピーロボットQooBo(クーボ)

本型で、表紙を開くと蛇腹状の布がLEDで光るライト「Lumio Fabric(ルミオファブリック)」

スマートフォンで鍵を操作できる「Qrio」

クラウドファンディングサイトMakuakeでも人気だったスマートサングラス「MUTRICS」は、ツル部分にスピーカーやマイクが内蔵されている

4Kの投影に対応し、360°スピーカーを内蔵するアンカーのプロジェクター「Nebula Cosmos Max」

バルミューダの「BALMUDA The Speaker」は、真空管を思わせるLEDのデザインが特徴的

FORMによるAR水泳ゴーグル「Form Swim Goggles」。透明なARディスプレーを搭載し、タイムや距離を泳ぎながら確認できる

「頭皮も素肌である」に着目したスカルプケアシリーズ「Depth」など、化粧品類の取り扱いも

FABRIC TOKYOによる、シルエットやカラー、長さ、ポケット仕様がカスタマイズ可能なジーンズ「STAMP」は、b8taの制服にも採用されている

 内覧時点では数は限られていたが、化粧品や、服飾品も取り扱っていた。IoTデバイスと化粧品が近い距離にあることは、珍しいといえば珍しい。目的の商品があったとして、それを触るついでに思わぬ発見があるかもしれない、と思わせる店舗の作りだ。

 ベータ・ジャパンでは、来店者に新しい「発見と体験」を届けることを目的としていると説明するが、まさしく、ふらっと立ち寄れば、意図していなかった面白いものが見つかりそうな店舗だと思う。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう