週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

自分の世界で出会えなかったボスと出会えることも

ソウルライクな銃撃戦が楽しい「レムナント:フロム・ジ・アッシュ」、マルチプレイの魅力を紹介!

2020年08月05日 11時00分更新

文● 松野将太 編集● ASCII

自分のキャンペーンで出会えなかった
新しいボスに会えるメリットも

 マルチプレイでは基本的に、シングルプレイ時よりも敵が強化されるため、波状攻撃は強烈になりがちだ。プレイヤー側は、全員が「MOD」を使える利点を生かして立ち回るのがベターだろう。武器に装着し、ゲージを使用することで発動できるMODは様々な効果があるが、各プレイヤーが連携することでより戦況をコントロールしやすくなる。

それぞれのプレイヤーがMODを効果的に使うことで、戦況を有利に運べる

 たとえば、一定時間武器ダメージをアップさせる「ホットショット」を複数プレイヤーが使えばそれだけ制圧しやすくなったり、すべての敵を一時的に引き付けるデコイ「ラトルウィード」を定期的に発動させられれば、多くの敵がいる場面を格段に切り抜けやすくなるだろう。

 「メンダーのオーラ」のように回復エリアを生成するMODを使えば、一度に全員の体力を回復させることも可能だ。うまく連携してMODを使えば、シングルプレイ時よりも攻略は格段にスムーズになるだろう。ちなみに、コミュニケーション用のエモートなども用意されている。

エモートでコミュニケーションも

 マルチプレイのメリットとしては、キャラクターをスムーズに強化しやすい点も挙げられる。本作のボスは倒すことで素材を落とすが、拠点ではその素材を活用して武器やMODを生成可能だ。ただし、キャンペーンモードで配置されるボスはランダムに決定されるため、一度のプレイでは出会えないボスも複数存在する。

 再度同じエリアをプレイする方法としては、周回とダンジョン探索のみをプレイできる「アドベンチャーモード」のほか、拠点のクリスタルからキャンペーンを「リロール(進行度リセット)」することでも可能だが、一度もゲームをクリアしていない時点で周回やリロールは億劫というプレイヤーも多いだろう。

 マルチプレイであれば、同じような進行度のプレイヤーと協力プレイを楽しみつつ、出てくる素材でキャラクターを強化し、まだ見ぬボスと戦える可能性がある。未発見の武器素材やMODが出れば自分の攻略の大きな助けになるし、そうでなくても道中に出現した素材、経験値でキャラクターを強化できる。

キャンペーンのボスはランダムなので、マルチプレイで他のプレイヤーの世界に行き、新たなボスと出会えることも

 シングルプレイで特定のボスが倒せず進行に詰まった場合など、息抜きがてらマルチプレイを始めてみるのも多いにアリだ。シングルプレイで未発見のボスを探し、見つけた時点でフレンドを招待してマルチプレイを始める、といった応用もできる。

 拠点にいる「マッケイブ」に話しかけることで、ボスの素材を使用してMODもしくは武器を生成できる。ボス素材で生成した武器は専用MODを持っており、こちらも強力なものが多いため、ボス武器を生成できた場合はしっかりチェックしておくといいだろう。

(提供:DMM GAMES)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう

この連載の記事