週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

AirPods Proに近く追加される「空間オーディオ」の概要をまとめる

2020年05月29日 13時00分更新

アップルの“空間オーディオ”機能を読み解く

 日本時間の6月23日深夜に、毎年恒例のWWDCが開催された(関連記事)。

 アップル主催の開発者向けカンファレンスだ。今年はコロナ禍の影響でオンライン開催のみとなった。基調講演の動画に基づいて、「AirPods」に関係する部分を解説していく。動画はYouTubeで見られる。AirPods関連は42:24ほどからだ。日本語字幕もついている。

基調講演のYouTube動画

 ソフトウェア関連は、こういった場ではおなじみのクレイグ・フェデリギ上級副社長が説明した。iOSとiPadの主要ポイントを一通り発表し終えた後に、AirPods関連の話題に移った。

 フェデリギ氏は、AirPodsが付け外しで自動的に再生をオン/オフできる機能を取り上げて、この魔法のような体験がユーザーに愛されているとした。さらに進化するポイントとしてバトンを、AirPodsファームウェア担当の上級エンジニアであるメリーアン・アイオナスキュ(Mary-Ann Ionascu)氏につないだ。

iOSなどソフトウェア関連の説明をした、クレイグ・フェデリギ上級副社長

AirPodsファームウェア担当の上級エンジニアであるメリーアン・アイオナスキュ氏

AirPodsでは、Bluetoothの接続し直しが不要になる

 彼女はまず、新しく利用できるようになる、AirPodsの“接続先自動切り替え”機能について解説した。これはAirPodsが接続しているホスト(スマホやプレーヤーなど)を状況に応じて自動で切り替える機能だ。

 Bluetoothのマルチポイント接続を応用したもので、PodcastをiPhoneで聞いた後に、より大きな画面のiPadでドラマを見ようとするシーンでは、AirPodsの接続先が自動でiPadに切り替わる。その後にMacでビデオ会議を始めると、今度は接続先がMacになる。さらに会議中に電話がきたら、またiPhoneにつながるというわけだ。いままでは設定を開いて、手動でいちいち切り替える必要があったので、だいぶ便利になるだろう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう