週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

iOS 14の新機能をフル確認 ウィジェット追加可でiPhoneのホーム画面激変

2020年06月23日 18時00分更新

 WWDC 2020の基調講演において最初に公表された「iOS 14」。徐々に、かつ確実に機能を増やしてきたiOSだが、今回はこれまで以上に大きく進歩し、現在のiPhoneの大画面を活かせる内容になったと言える。iOS 14の新機能について総ざらいしていこう。

iPhoneのホーム画面が大きく変わりそうだ

【iOS 14の新機能 その1】
ホーム画面にウィジェットがついに置けるように

 iPhone/iOS史上、ホーム画面での最大の変化がiOS 14で起きる。ウィジェットがついに自由に置けるようになったのだ。

ウィジェットはサイズや位置などをユーザーが自由にカスタマイズできる

 これまでiPhoneのウィジェットはホーム画面のトップから右にスワイプした場所にしか配置できなかったが、iOS 14ではホーム画面のどの位置にもさまざまなサイズで置いて、ピンで固定できる。これにより、天気やスケジュール、株価といった、iPhoneを利用する時間や場所などに合わせた情報をウィジェット内で表示でき、ホーム画面の情報量が大きく増加することになる。

【iOS 14の新機能 その2】
Appライブラリですべてのアプリを1つの画面で整理

 アプリが増えてくると、どのアプリがどこにあるかわからなってくるのがiPhoneの弱点。基調講演内でも「最初の2ページしか何があるか覚えていない」と語られていたが、まったくの同感。インストールするアプリをあえて減らすか、フォルダーでチマチマと管理するかの選択が迫られていた。

よくある使いにくくなったiPhoneの状況

 そこでiOS 14で用意されたのが、「Appライブラリ」という機能。これはホーム画面の最後のページに用意され、すべてのアプリが1つの画面にまとめて表示される。特に頻繁に利用したり、最近追加したアプリは「Suggestions」「Recently Added」として最上段に表示され、アクセスしやすい。

そこで登場したのが「Appライブラリ」

よく使うアプリは一番上の左に表示

【iOS 14の新機能 その3】
インストールせずに使えるミニアプリ「App Clip」

 現時点では主に開発者向けの情報となるが、新しいアプリの在り方として「App Clip」という機能が用意される。

 前述したようにiPhoneではアプリが増えると管理が面倒になるため、さほど頻繁に使いそうにないサービスやチェーンストア用のアプリは、ユーザーが「インストールしない」という選択肢を選ぶ傾向が強まっている。App Clipでは、インストールしなくても使える10MB以下のアプリを開発者が用意しておき、限定された用途で利用してもらおうというものだ。

初めて使うコインパーキング用のアプリをインストールするのは抵抗感がある。そこで登場したのが「App Clip」。インストールしなくても使えるミニアプリだ。NFCタグやコードなどを設置しておけば、そこから起動できる

 基調講演内では駐車場やカフェなどでの利用例が示され、Apple Payでの決済との組み合わせがデモされた。App Clipのミニアプリの立ち上げは、NFCタグやアップル独自のコードのほか、マップアプリなどから可能で、ミニアプリの使用後にフル機能版のアプリのインストールも可能な仕組みになっている。

アプリの一部機能を切り出すことで開発も容易。10MB以下が条件

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう