週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

2画面でペン対応の「LG V60 ThinQ」は5G時代のデジタル文具だ!

2020年05月14日 10時00分更新

2画面スマホでペンが使えると手帳代わりにもなる

 LGエレクトロニクスの5Gスマートフォン「V60 ThinQ」が日本でも発売になりました。デュアルスクリーンケースを取り付けると2画面化できる拡張性は、LGだけが提供している便利な機能です。ところがこのV60 ThinQの販売キャンペーンで気になる点があることに気が付いた人も多いのではないでしょうか? なんとドコモオンラインストアで購入するとオリジナルスタイラスペンがもらえるというのです。

日本未発売というLGのオリジナルスタイラスペン

 実は海外で発売になる5Gスマートフォン「LG VELVET」は正式にペン対応が謳われています。おそらくVELVETとV60 ThinQはどちらも同じペン対応ディスプレーを搭載しているのでしょう。

 とはいえ、V60 ThinQの製品紹介にはペンに関しての記述がありません。筆者は4月にLGからV60 ThinQを借りて試用したのですが、その時は専用スタイラスペンは間に合いませんでした。しかし、2画面スマートフォンはペンが使えることによってさらに拡張性が高まるはずと考え、100円ショップで売っている汎用のスタイラスペンを買ってきて試してみたのです。

いまや100円ショップで買える汎用のスタイラスペン

 汎用ペンは細かい文字を書くには向いていないものの、ディスプレーサイズの大きいV60 ThinQならある程度の大きさの文字を書くことは十分できます。たとえばサブディスプレーで製品カタログを見ながら、メインディスプレー側にメモ系アプリを起動しそこに気になるスペックをペンで書いて記録しておく、なんてことができます。つまり情報表示+情報記録を1台の端末でできるわけです。これは他のスマートフォンでは絶対にできない機能です。

カタログを見ながら必要な情報だけをペンで書きだす

 記事冒頭の写真のように、デリバリーメニューを見ながらオーダーをペンでメモしておく、なんてこともできるわけです。自宅滞在が多い今の時期にこれは便利でしょう。

 あるいは横向きに置いてサブディスプレーで動画を見ながら、気になったデータをメインディスプレー側に書き込む、ということもできます。これも他のスマートフォンではできない技ですね。2画面+ペンの威力は絶大です。

動画を見ながらペンでメモ。これもV60 ThinQにしかできない技だ

 筆者は普段からサムスン電子のGalaxy Noteシリーズを使っており、ペンでメモを頻繁に書いています。しかしブラウザーで調べた情報を見ながらメモ書きするにはディスプレー表示を2分割すればいいものの、それぞれの表示エリアが狭くて「情報が見にくい」「メモが書きにくい」というジレンマに陥っています。

 しかしV60 ThinQならブラウザーもメモも普通のスマートフォンサイズのディスプレーを使うことができるわけです。ネットで海外の情報を調べるとV60 ThinQではワコム製のペンが使えるとのこと。またVELVETに対応するペンもワコム技術のもの。ということはV60 ThinQの専用スタイラスペンを使えば、筆圧対応で細かい書き込みもできるのでしょう。これはGalaxy Noteシリーズの強力なライバルにもなります。

ペン対応によりV60 ThinQは最強のスマホになった

 紙に書いた文字をスマートフォンのカメラでスキャンしてデジタル化する商品などがありますが、ペンを使ってスマートフォンの画面に直接書き込めばその手間も省けます。そして、保存したデータは5G回線を使えば一瞬でクラウドにバックアップもできます。V60 ThinQは5G時代の新しいデジタルステーショナリーと呼べるのかもしれません。

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう