週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「Xperia Go」は当時珍しい防水防塵に対応した軽量コンパクトモデルだった

2020年05月13日 10時00分更新

 2012年はコンパクトで防水防塵に対応した「Xperia Go」が登場しました。コードネームはLotus、モデル番号は「ST27i/ST27a」でした。

「Xperia Go」

 3.5型(480×320ドット)ディスプレーに、本体サイズは約60.3×111×9.8mm、重さ110gと軽量コンパクトなモデルでした。端末はとても薄く、ポケットなどに入れても邪魔にならないサイズ感です。カラーバリエーションはブラック、ホワイト、イエローの3色がラインナップ。背面には、XperiaロゴとSony Ericsson時代から続く緑目玉ロゴが残っています。

 スペックは、プロセッサーにST-Ericsson NovaThor U8500(1GHz)、メモリーは512MB、ストレージは8GBとエントリークラス。外部メモリーとして最大32GBまでのmicroSDカードに対応します。バッテリー容量は1305mAhで、OSはAndroid 2.3でしたが、発売後にAndroid 4.0へアップデートされています。SIMカードスロットとmicroSDカードスロットについては、背面カバーを取りはずしてアクセスします。バッテリーは完全に内蔵となっているため、交換はできません。

 リアカメラは約500万画素CMOSセンサーで、LEDライトを搭載していました。静止画に加えてHD動画撮影も可能でしたが、インカメラは非搭載でした。Xperiaではおなじみのシャッターキーは、Xperia Goには備わっておらず、ほかのスマホと同じくカメラアプリのシャッターボタンから撮影します。

 そのかわり(?)、待機ロック画面の状態からカメラアイコンをスライドして高速撮影といった機能が搭載されていたのです。

 そして、Xperia Goの最大の特徴は、IPX7の防水、IP6Xの防塵性能を持つこと。防浸形で 一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない防水規格と、 粉じんに対する完全な保護規格となり、台所やお風呂などでも使える仕様となっていました。

 防水防塵性能を維持するため、microUSB端子やイヤホンジャックはむき出しではなく、水や埃の侵入を防ぐためのキャップを備えています。

 当時としてはまだまだ珍しい、防水防塵機能をそなえたスマートフォンだったのです。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう