週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

広報宣伝スキルアップセミナー第10弾

テレビ受けするプレスリリースの書き方教えます【5/21オンラインセミナー】

2020年05月02日 09時00分更新

※本セミナーはオンラインでの開催となります。

 ASCII STARTUPでは、「創るPR」をコンセプトに企業のPR支援を行なうマーケティング企画会社シェイプウィンとともに、広報・宣伝・マーケティングにかかわるビジネスパーソンのつながりを強化する勉強コミュニティを実施しています。広報宣伝に必要なTIPSから、事例紹介などを定期的に共有し、プロダクトの成功に直結する広報・宣伝活動のサポートをいたします。

 今回の広報宣伝スキルアップセミナーで取り上げるテーマは「テレビ受けするプレスリリース」です。

広報のみなさん、テレビ、どれだけ見てますか??

 よくご相談を受けるのが「テレビに取り上げられたい」「ビジネス系のテレビ番組にどうすれば取り上げてもらえるのか」という質問です。実際、テレビに取り上げられるためにはどの番組を狙うのか、その番組の中でどういう風にアプローチ方法があるのかなどの番組を分解すること、そしてその番組を狙うために必要なプレスリリースの要素を盛り込むことが必要です。

 たとえば、テレビ東京ワールドビジネスサテライトでは、「画期的なビジネスか?」「どんな動画が撮れるか?」「なぜ今取り扱うのか?」という点に回答できないと取り上げてもらえません。

 本セミナーでは、テレビに取り上げられやすいリリースの書き方をお教え致します。

 また、テレビ・新聞・雑誌・ウェブメディアというジャンルだけでなく、数多く存在するメディアで共通して使えるメディア研究の方法・掲載に至るための戦略をお伝えします。

このメディア研究のノウハウを駆使することで、以下の効果が見込めます。

●今まで興味を持ってくれなかったメディアが話しを聞いてくれる。
●製品サービスのセールスポイントが伝わるイメージ通りの記事が露出できる。
●発表イベントにメジャーな媒体が次々と来てくれるようになる。

 第2部のパネルディスカッションでは、「めざましテレビ」や「ノンストップ!」、「徹子の部屋」などを手がける現役の放送作家がスペシャルゲストとして登壇。番組ごとの特徴や番組内の情報をピックアップする時の着眼点など、テレビというひとくくりでは語れない基礎知識から、テレビの考え方やアプローチ、そしてどうすれば相手が耳を傾けてくれるのかなど、なかなか外側からみただけではわからないテレビと付き合うために知っておくべきことをお話しいたします。

 またwithコロナ、afterコロナを含めた現在のテレビ業界の求めているものや、広報PRパーソンがどういう風に企画を売り込んでいるかなどについてもお届けします。

 このセミナーはベンチャー、スタートアップの広報担当者や、広報担当を兼務するスタッフなど広報実務に従事している方を対象にしたものになります。

 受け身のメディア掲載だけでなく、こちらから仕掛ていくことができる広報になりたい、またコロナによってどういう風に常識が変わっているかをいちはやく情報をピックアップしたいという方は、ぜひお申し込みください!

『テレビが取り上げたくなるプレスリリースの書き方』
●開催概要
■日時:2020年5月21日(木)
受付開始 18時30分 開演 19時 終了予定 21時30分
■入場料:5000円(税込み)※早期申込み枠あり
■募集人数:合計40名
■視聴方法:セミナー当日はPeatixにログインいただき、イベントのお申し込み後にアクセスできる「イベント視聴ページ」上の「イベントに参加」をクリックいただき、視聴をお願いします。またイベント視聴ページをご利用頂く際には、Google Chromeのご利用をお勧めしております。
■主催:株式会社角川アスキー総合研究所、シェイプウィン株式会社
■内容
第1部:19:00~19:30 テレビが取り上げたくなるプレスリリースの書き方【基礎講座】
第2部:19:30~20:00 メディアの中の人に直撃【ASCII&放送作家編】
 回答者:須平敦宣(放送作家、株式会社ジヴェルニー 代表取締役)、北島幹雄(ASCII編集部)他
20:00~20:15 質疑応答

※登壇者とプログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

※PR代理店、広告代理店など同業他社の方々のご参加はご遠慮させていただいております。

シェイプウィン株式会社:https://www.shapewin.co.jp/

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう