週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

元エヴァRQの堀尾実咲がXperiaで高難度スーパースローに挑戦!

ほとんどスマホを使わない
機械音痴美女が初Android

 グラビアで活躍するタレントを中心に、Androidスマホでの自撮り写真や最新機能を紹介していく「美人スマホ~水着×スマートフォン」。いろんな水着、いろんな場所で自撮りをしてもらった写真のほか、スーパースローによる水着のセクシー動画や面白動画など、水着美女をとことん楽しめる連載だ。

※本記事内の撮影は緊急事態宣言前に行なっています。

 第54回に登場してもらったのは、SUPER GTの人気チーム、エヴァンゲリオンレーシングでレースクイーンとして活躍していた経歴を持つ、スタイル抜群のグラビアアイドル堀尾実咲ちゃん。かなりの機械音痴で、パソコンはもちろんスマホもほとんど使いこなせていないという彼女に、最新のAndroidスマホをわたし、その使い勝手を聞いてみた。

 今回使ってもらったAndroidスマホは「Xperia 1」。映画とほぼ同じ比率の21:9のディスプレーを採用した、Xperiaシリーズの最新モデルだ。Xperia初のトリプルレンズカメラを搭載し、「標準」「望遠」「超広角」のレンズを切り替えての撮影が可能。インカメラは約800万画素、アウトカメラは約1220万画素となっており、特に暗所での撮影は前モデルのXperia XZ1よりも約4倍画質が向上している。もちろん、アウトカメラでのスーパースロー(960fps)での動画撮影にも対応。美しいカメラを使って、フルHDでの撮影が可能だ。

ソニーモバイル「Xperia 1」

 スマホは使いこなせていないという実咲ちゃんだが、iPhone 4からのスマホユーザーで、いまはiPhone XSを使っているとのこと。仕事で「自撮り」をすることが多いため、スマホを使いこなせなくてもカメラの性能は気になるという。そのため、なるべく最新のものに乗り換えているそうだ。

 初めてAndoridスマホを触ったという実咲ちゃん。機械音痴ということで「正直、最初は操作がわからなかったです。2日目くらいからはなんとか慣れましたけど、まず画面がつかなくて……。iPhoneとボタンの位置が違うから迷いました」とのことだ。ただサイズが大きいのに、縦長で持ちやすくて軽いのは気に入ったそう。「自撮りをするときは片手で持つんですけど、そんなに苦じゃなかったです。あと、シャッターボタンが下の位置にあるので押しやすいから自撮りしやすかったですね!」とコメントしてくれた。そのほか、標準で美肌モードが使えるなどの写真のできあがりも素晴らしいとのことで、こうしたフィルターを使った撮影でも、写真の解像度が落ちないところがうれしいそうだ。

 そんな実咲ちゃんに、普段の生活を聞いてみると……。

堀尾「休日は犬を連れて公園に行くことが多いですね。犬友さんたちと一緒に出かけたりもします。あとは、洋服が好きなので、新しい服を着るために出かけたりもします。もちろんウィンドウショッピングにも行きます。テレビも好きなのでよく見ます。バラエティーとかドラマとか……。動画配信サービスを使えばスマホで見放題というのは知っているんですけど、なんか難しそうで……まだテレビで見ています(笑)。TSUTAYAでレンタルすることもありますよ!」

 実咲ちゃん、大学ではメディア学部に通い、パソコンで映像制作などを学んだそうだが、それでも機械音痴は相変わらずだったとのこと。そんなわけで、いまでもほとんどスマホを使わないそうだ。

 今回、機械音痴ながらもたくさんのスーパースロー動画の撮影に挑戦してくれた。特に、クラッカーが弾ける瞬間は必見だ。瞬間を捉えるのが難しく、何度も撮影にチャレンジしたそう。「めちゃめちゃ大変で、たくさんクラッカーを鳴らしたので、めでたい家みたいになっちゃいました(笑)」とのこと。

堀尾実咲

 4月29日生まれ、静岡県出身。レースクイーンやRISEラウンドガールとしても活躍していたグラビアアイドル。撮影会やイメージDVD、ウェブチャンネルへの出演など多方面で活動している。また、4月19日に放送されたテレビ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」に出演し、バニーガール姿が話題となった。

Twitter:@misakihorio
Instagram:@misaki.horio

【告知】
DVD「教えてアゲちゃう!」
ラインコミュニケーショーンズより絶賛発売中!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう