週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

XperiaもGalaxyも! ドコモ、5Gスマホ7機種でスタートダッシュ

2020年03月18日 11時00分更新

 ドコモは18日、5Gサービスの3月25日の開始を発表。5G対応のスマホとして7機種のリリースを公表した。

 5Gスマホは「Galaxy S20 5G(SC-51A)」「Galaxy S20+ 5G(SC-52A)」「AQUOS R5G(SH-51A)」「Xperia 1 II(SO-51A)」「LG V60 ThinQ 5G(L-51A)」「arrows 5G(F-51A)」に、「Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition」の7モデル。そのうち、サブ6に加えて、ミリ波にも対応するモデルはGalaxy S20+ 5Gとarrows 5Gになる。

 詳細はのちほどお伝えするが、ここでは簡単に5Gスマホ7機種を紹介しよう。

ミリ波対応も登場した
サムスン電子「Galaxy S20/S20+」

 Galaxy S20とS20+は2月に米国で発表されたサムスン電子のフラッグシップシリーズ。最上位のGalaxy S20 Ultraは日本導入を見送られたものの、スタンダードモデルのGalaxy S20と、4眼カメラでミリ波対応のGalaxy S20+が発売される。メモリー12GB、内蔵ストレージ128GB、カメラは超広角、広角、望遠は共通だが、Galaxy S20+にはToFカメラが追加されている。

「Galaxy S20」クラウドホワイト

 カラバリはGalaxy S20はクラウドブルー、クラウドホワイト、コスミックグレーの3色、Galaxy S20+はコスミックグレーのみ。

「Galaxy S20+」コスミックグレー。今回のカラバリはこれだけ

Zeissレンズを搭載したハイエンドXperia
ソニーモバイル「Xperia 1 II」

 すでに発表済みのXperia 1 II(マークツー)だが、ドコモから5G対応モデルとしてリリースされる。ディスプレーは6.5型(3840×1644ドット)の有機ELでアスペクト比が21:9なのはこれまでを継承している。

 スペックはSoCがSnapdragon 865でメモリーは8GB、内蔵ストレージは128GB。カメラはリアが超広角と広角、望遠のトリプルレンズ仕様というのは変わらないが、ややスペックアップしている。超広角は約1200万画素/16mm/F2.2、望遠は約1200万画素/70mm/F2.4、広角は約1200万画素/24mm/F1.7という構成。

※初掲出時、ストレージ容量が間違っていました。訂正してお詫びいたします。

 本体サイズは約72×166×7.9mm、重さは約181gだ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう