週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「JAPAN INNOVATION DAY 2020」セッション観覧者中

5G新ビジネス、AIものづくり爆速事例、知財アワード 最先端がわかる強力セッション、3/19開催

2020年03月05日 08時00分更新

【重要】「JAPAN INNOVATION DAY 2020」の開催形態変更について

2020年3月19日に開催を予定しております「JAPAN INNOVATION DAY 2020」につきまして、新型コロナウイルスの感染予防に関する3月9日発表の政府のイベント自粛延長方針を受けまして、本イベントにつきましては、「展示取りやめ」「無観客での講演実施・映像アーカイブ配信」の形に開催形態を変更させていただきます。ご来場を予定されていたみなさまには直前でのご連絡になってしまい恐縮ですが、関係するすべての参加者の安全面を配慮のうえでの決定となりました。くわしくは、公式サイトの新着情報をご覧ください。

 ASCII STARTUPは2020年3月19日(木)、オールジャンルのXTech展示カンファレンスイベント“JAPAN INNOVATION DAY 2020 by ASCII STARTUP”を、赤坂インターシティコンファレンスにて開催。5Gやオープンイノベーションなど、各セッションについては、申込者全員に無料でのアーカイブ配信を予定しています。ぜひ、事前のご登録をお願いいたします。

 今回、2つあるセッション実施会場のうち、A会場のセッション内容を一挙紹介します。

■■JAPAN INNOVATION DAY 2020登録はコチラ!
(イベントレジストに遷移)■■

セッションA-1/11:00~
「デジタル産業のビジョン~5G以降の潮流、産業の変化を踏まえたSociety5.0時代のデジタル戦略~」

 国内でのさまざまなサービスでの適用が期待される5G。4Gでは動画配信やSaaSなどが進展したが、5Gではどのような新ビジネスがもたらされるのか。また、5Gをめぐって技術覇権争いも喧伝されるが、実際何が起こっているのか。基調講演として、5Gに関する開発支援や設備投資税制を担当する経済産業省 情報産業課の菊川人吾氏を招き、Society5.0の実現に向けた重要な社会基盤となるであろう5Gについて、必要な施策やビジネスとしての可能性をお届けする。

【登壇者】菊川 人吾氏(経済産業省 商務情報政策局 情報産業課長)

セッションA-2/13:00~
「3i INSITEによるファシリティ・マネジメントのための3D空間インテリジェンス・プラットフォームのご紹介(仮)」

 現在、さまざまな業界において、施設管理、現場調査が求められていますが、これらの作業の多くは依然としてアナログ、マニュアルで実施されております。こうした課題を解決するため、現場情報のデジタルツイン化を、市販の3Dカメラを用いて簡易に実現するソリューションについてご紹介します。本ソリューションは、市販のカメラを強力なキャプチャツールに変える「3i INSITEアプリ」と、3Dでのコラボレーションを促進し、一元化されたドキュメントシステムや自動ドキュメンテーション機能を提供する「3i INSITEWeb」から構成されます。本セッションでは、それぞれ3i独自の特徴について、デモを交えながらご紹介させて頂きます。

【登壇者】Ken Kim氏(3i Inc. CEO)、Jeonghoon Lee氏(3i Inc. セールスマネジャー)

セッションA-3/14:00~
「ソフトとハードの融合領域における、スタートアップと製造業の爆速連携事例」

 AIの進化・普及にともない、ソフトウェアのみで解決する課題はほとんど解決し始められている。この状況においてスタートアップ等が新たな事業機会を得るためには、データを取得するためのハードウェア、判定結果をフィードバックするためのハードウェアを開発し、AIの価値を高める「ソフトとハードの融合領域」に取り組む必要性がある。本セッションは、その領域に取り組むスタートアップと、スタートアップのハードウェア製造を支援する事業者(スタートアップファクトリー)の連携にて、爆速にてCES出展にいたった事例を紹介し、AIスタートアップのものづくりの課題等についてディスカッションを行う。(関連情報はこちら

【登壇者】服部 伴之氏(株式会社ファーストアセント 代表取締役社長)、橋爪 良博氏(有限会社スワニー 代表取締役社長)、山田 祐輝氏(株式会社ノエックス 代表取締役社長)、中間 康介氏(一般社団法人環境共創イニシアチブ)

セッションA-4/15:00~
「IPナレッジカンファレンス for Startup 2020」

 「IPナレッジカンファレンス for Startup 2020」では、「IP BASE AWARD」各部門の授賞式を行ない、各部門受賞者の取組を共有。また後半には、スタートアップに必要な知財戦略のポイントや、スタートアップエコシステムにおける知財支援のポイントをテーマに、IP BASE AWARD選考委員と受賞者によるセッションを実施する。

【選考委員会】鮫島 正洋氏(弁護士法人内田・鮫島法律事務所 パートナー 弁理士)、安高 史朗氏(IPTech特許業務法人 代表弁理士・公認会計士)、千葉 功太郎氏(Drone Fund創業者/代表パートナー)、南野 充則氏(株式会社 FiNC Technologies 代表取締役 CEO)

※授賞式およびセッションでは、千葉 功太郎氏の代わりにDrone Fund 共同創業の大前 創希氏が登壇。

※各プログラムの内容は予定です。都合により変更となる場合がございます。

 B会場におけるセッション情報も、ASCII.jp上で随時更新していきます。スタートアップエコシステムやHealthTech、FinTechといったテーマで、業界の先端を走る識者たち登壇する強力なセッションを予定しております。ぜひご期待ください。

『JAPAN INNOVATION DAY 2020 by ASCII STARTUP』

【重要】「JAPAN INNOVATION DAY 2020」の開催形態変更について

■日時:2020年3月19日(木)
■イベント内容:無観客での講演実施・映像アーカイブ配信
■参加方法:事前登録者へのオンラインでの映像配信
※当日の展示、来場は中止となります
■主催:ASCII STARTUP
■■登録はコチラから(予約ページに遷移します)■■

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう